サイバー攻撃

スマホカメラが乗っ取られた?乗っ取りの手口や対処方法を解説

スマホカメラが乗っ取られた?乗っ取りの手口や対処法

ほとんどの人が毎日持ち歩くスマートフォン。その中でもカメラ機能は最も多く利用されているかもしれません。しかし、スマートフォンのカメラが何者かによって乗っ取られていた場合、自分の行動を何者かによって24時間監視されていることになります。

この記事では、スマホのカメラの乗っ取られた際の被害や、乗っ取りの確認方法を紹介します。

ハッキングされているか調査したい方へ

どこに依頼するか迷ったら、相談実績が累計1.4万件以上(※1)デジタルデータフォレンジック(DDF)がおすすめ
11年連続国内売上No.1のデータ復旧技術(※2)とフォレンジック技術で他社で調査が難しいケースでも幅広く対応でき、警察・捜査機関からの感謝状の受領実績も多数。
相談からお見積までは完全無料だから、いきなり費用発生の心配もなし。

※1 累計ご相談件数14,223件を突破(期間:2016年9月1日~)
※2 第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2017年)

なお、スマホハッキング時のサインについては下記の記事でも詳しく解説しています。

スマホのハッキング
スマホがハッキングされた?乗っ取りサインやウイルス感染時の対処法について解説スマホのハッキングは、SNSアカウントを乗っ取られたりクレジットカード情報を盗まれるなどの被害に発展します。スマホは便利な反面、ハッキングのリスクの高い行動をとってしまいやすい上に、乗っ取られていること自体に気づかない場合が多い点にも注意が必要です。ハッキングに繋がりかねない原因や調査方法、万が一の際の対処法について解説します。...

スマホカメラが乗っ取られた際に起こる被害

実際にスマホカメラが乗っ取られると、次のような被害に発展するリスクがあります。

  • 個人情報や位置情報の特定
  • 遠隔操作による盗撮や盗聴
  • アカウントの乗っ取りや不正利用

個人情報・位置情報の特定

スマホが乗っ取られていた場合、カメラのみならず撮影したデータにアクセスされてしまうことも十分に考えられます。また、そのデータに基づいて住所や職場などの位置情報といった、細かい個人情報が特定されてしまうことがあるので、注意が必要です。

遠隔操作による盗撮や盗聴

スマホが乗っ取られると、内蔵カメラやマイクが遠隔操作され、勝手に写真や動画、音声などを撮られてしまうことがあります。

またカメラアプリだけでなく、SNSや画像加工アプリなどカメラへのアクセス権限を与えているアプリが遠隔操作されると、カメラを起動していなくても勝手に撮影が行われている可能性があります

アカウントの乗っ取りや不正利用

カメラへのアクセス権を許可しているアプリが乗っ取られると、メールアドレスやパスワードなど個人情報を抜きとられたり、登録情報を勝手に変更されてしまう恐れがあります。

スマートフォンでSNSやネットショッピング、ネットバンキングなどを利用している方も多いはずです。パスワードなどのログイン情報が知られてしまうと、アカウントが乗っ取られてサービスの不正利用リスクも高まります。

スマホカメラの乗っ取りに繋がる原因

スマホカメラの乗っ取られる原因には次のものがあります。乗っ取りを避けるためも、以下の行動は控えましょう。

なりすましWi-Fiへの接続

最近では、お店や街中の至るところでFree Wi-Fiを簡単に利用できるようになっています。こうしたFree Wi-Fiの中には、パスワードの窃取やハッキングを目的とした悪質なものが混在しており、通信内容を読み取られたり不正なサイトへの誘導をされるといった不正アクセスが行われる可能性があります。また、このような偽Wi-Fiは、周辺の店舗・施設や交通機関の名前を装って表示されることが多いため、注意が必要です。

もし外出先でFree Wi-Fiを利用する際は、接続するWi-Fiの提供元が正しいかを必ず確認しましょう。偽Wi-Fiは、たいていの場合、カギマークが付いておらず、暗号化されていないことが多いです。たとえ実在の交通機関や店舗のWifiであっても、暗号化されていない場合は、なりすましWi-Fiの可能性もあるので、接続を控えるようにしましょう。

不正アプリやウイルス

悪意を持って作成されたアプリには、たいていウイルスが仕込まれており、中にはスマホを乗っ取るアプリも存在します。

もっとも、App StoreやGoogle Playなどの公式ストアで提供されているアプリは審査を通過しているため、危険性は低いと言えますが、非公式のアプリをダウンロードする場合は注意が必要です。特に身に覚えのないSMSなどのリンクからアプリをインストールするように誘導される場合は、疑心暗鬼になりましょう。アプリのインストール時は提供元を確認し、公式ストア以外からのインストールは控えましょう

怪しいリンクやWebサイトへのアクセス

不審なメールやSMSに記載されているURLにアクセスすると、ウイルスに感染してスマホが乗っ取られてしまう恐れがあります。

近年では実在する企業や自治体になりすまし、不正サイトへ誘導して、ユーザーのクレジットカード情報などを盗みとろうとする手口も増加しています。第三者に誘導されてサイトにアクセスする際は、必ず発信元を確認し、一瞬の判断で信用しないように注意しましょう。

◎ハッキング調査を考えている方へ(お見積りまで完全無料)

ハッキング調査をしたい方は、DDF(デジタルデータフォレンジック)にご相談ください。累計1.4万件のご相談実績(※1)があり、他社にはない11年連続国内売上No.1のデータ復旧技術(※2)フォレンジック技術を駆使してお客様の問題解決をサポートします。

「ハッキングされました」という表示・メールが出てきた
スマホに知らないアプリが入っている
不明な番号やアドレスから着信があり不安…

上記のようなご相談から調査項目/作業内容のご提案、お見積りまでは完全無料。安心してご相談ください。

24時間365日 相談受付

※1 第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2017年)
※2 累計ご相談件数14,223件を突破(期間:2016年9月1日~)

スマホカメラの乗っ取りを確認する方法

スマホカメラの乗っ取りは気づきにくいものです。乗っ取りを確認するために、以下の4つの項目を確認してみてください。

  • セキュリティソフトでチェックする
  • SNSなどの使用履歴を確認する
  • 身に覚えのないアプリがないか確認する
  • データ通信料に不自然な増加がないかを確認する

セキュリティソフトでチェックする

スマートフォンの乗っ取りはウイルス感染で引き起こされるケースが大半です。そのため、セキュリティソフトでウイルス感染の有無をチェックすることは乗っ取り被害の有無を調べるのに有効です。

ただし、iphoneにはセキュリティソフトが存在しないため、ウイルスチェックを行う場合は専門業者に依頼するのが賢明です。専門業者の場合、ウイルスチェック以外にも端末内に残されたログから、ハッキングなどの不正行為や、流出情報を調査することが可能です。

SNSなどの使用履歴を確認する

スマートフォンが乗っ取られてSNSなどが不正利用された場合、ログイン履歴や利用メールなどに何らかの痕跡残るはずです。もし、SNSに身に覚えのない投稿をしていた、知らないうちにLINEのメッセージを知人に送っているといった身に覚えのない履歴が残っていた場合は乗っ取りが行われている可能性が高いです。

また「IDやパスワードは間違っていないのにログインできない」という場合、不正ログインによってパスワードなどが変更されているかもしれません。

身に覚えのないアプリがないか確認する

インストールした覚えのないアプリが入っていた場合、何者かによってスマートフォンが遠隔操作されている可能性があります。予防の観点からも、インストールされているアプリはこまめに確認するようにしましょう。

データ通信料に不自然な増加がないかを確認する

スマートフォンが遠隔操作されている場合、見えないところでアプリが動いていたり、データ通信が行われていることがあります。

身に覚えがないのに急にデータ通信量が不自然に増えていたりした場合、乗っ取りが行われている可能性が高いので注意しましょう。

スマホカメラの乗っ取りが疑われる場合の対処法

スマホカメラの乗っ取りが疑われる場合の対処法を紹介します。できることから一つずつ試してみてください。

カメラのレンズ部分を覆う

一時的な処置にはなりますが、これ以上の被害を避けるためにカメラを覆うことをおすすめします。カメラを覆う方法としては、市販のカメラカバーを取り付ける、ポストイットでレンズを覆うなど様々な方法があります。

不審なアプリはアンインストールする

身に覚えのない不審なアプリを発見したら、すぐにアンインストールをしましょう。

アプリが乗っ取りの原因かどうかを判断することは難しいですが、公式ストア以外でインストールしたアプリは注意が必要です。インストール後、スマホが重くなったり、通信料が増えるなどの何らかの不具合が生じた場合、不正アプリの可能性が高いです。不審な挙動を覚えたら、すぐに不審なアプリをアンインストールしましょう。

パスワードを変更する

不正利用を防ぐため、SNSやECサイトなどのパスワードを変更しましょう。特にスマートフォン上にパスワードを保存していたり、同じパスワードを使いまわしている場合は注意が必要です。念のために不正利用されていないか利用履歴を確認する必要があります。

また、アカウントが乗っ取られ、既にパスワードが不正アクセスしたものによって勝手に変更されている場合は、サービス運営側に相談し、アカウントを停止しましょう。

カメラにアクセスできるアプリに注意する

アプリをダウンロードする際、カメラへのアクセスを求められることがあります。必要でない場合は、アプリのアクセス権をオフにするようにしましょう。カメラとアプリを連携させていると、アプリに登録している個人情報などをぬきとられてしまう可能性があるからです。

スマートフォンの初期化をする

乗っ取られた原因が分からない場合、また端末がロックされ操作ができなくなってしまった場合は、スマートフォンの初期化を行いましょう。強制的に初期化することで、工場出荷状態に戻るため、不正なアプリを含むすべての設定やデータが消滅し、乗っ取りによる遠隔操作の恐れはなくなります。

ただし、初期化することでスマートフォンに入っているデータは消えてしまいます。こうしたリスクに備え、日常的にバックアップをとる習慣をつけましょう。

専門業者への調査を依頼する

社用のスマートフォンなどでハッキング被害が発覚した場合、情報流出の有無を調査して被害実態を明らかにしたり、行政や法的機関に提出できる報告書を作成する必要があります。

しかし、スマホのハッキング手口は日々巧妙化しており、個人で調査・確認できる範囲も限られており、企業内のシステム担当者がむやみに操作すると攻撃の痕跡が上書きされてしまうこともあります。

一方でハッキング調査の専門業者では、「フォレンジック」という技術を活用して正確かつ適切にスマホを調査することが可能です。

「フォレンジック」とは、特殊技術を用いてパソコンやスマートフォンの調査・解析を行う技術です。たとえば、端末内に残されたログから、ハッキングなどの不正行為や、流出情報を調査することが可能となっています。フォレンジック調査については下記の記事でも詳しく紹介しています。

◎ハッキング調査を考えている方へ(お見積りまで完全無料)

ハッキング調査をしたい方は、DDF(デジタルデータフォレンジック)にご相談ください。累計1.4万件のご相談実績(※1)があり、他社にはない11年連続国内売上No.1のデータ復旧技術(※2)フォレンジック技術を駆使してお客様の問題解決をサポートします。

「ハッキングされました」という表示・メールが出てきた
スマホに知らないアプリが入っている
不明な番号やアドレスから着信があり不安…

上記のようなご相談から調査項目/作業内容のご提案、お見積りまでは完全無料。安心してご相談ください。

24時間365日 相談受付

※1 第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2017年)
※2 累計ご相談件数14,223件を突破(期間:2016年9月1日~)

なお、ハッキングのフォレンジック調査を行うメリットは、主に次の2つがあります。

①専門エンジニアの詳細な調査結果が得られる

フォレンジック調査の専門会社では、高度な技術を持つ専門エンジニアが、正しい手続きでスマホのハッキング被害を確認できるため、社内や個人で調べるよりも正確にハッキング被害の実態を確認することができます。

また、自社調査だけでは不適切とみなされてしまうケースがありますが、フォレンジックの専門業者と提携することで、調査結果を具体的にまとめた報告書が作成でき、これは公的機関や法廷に提出する資料として活用が可能です。

②セキュリティの脆弱性を発見し対策できる

フォレンジック調査では、ハッキング経路や被害の程度を明らかにし、現在のセキュリティの脆弱性を発見することで、今後のリスクマネジメントに活かすことができます。

また弊社では、解析調査に加え、解析調査結果を元に、お客様のセキュリティ強化に最適なサポートもご案内しています。

フォレンジック調査会社への相談方法

スマホカメラが乗っ取られている疑いがある場合、早めの相談で、被害が拡大する前に対処を図ることが可能です。まずは気軽にご相談ください。無料で相談・診断を承っております。

フォレンジック調査会社へ相談・依頼する際は以下のような流れで行います。なお、当社では作業内容のご提案とお見積りのご提示まで無料でご案内しております。

フォレンジック調査の流れ

社内でインシデントが発生した際、フォレンジック調査を行うかまだ決定していない段階であっても、一度専門会社へ相談するのをおすすめします。なぜなら専門的なノウハウを持たない中で自社調査を行っても、正確な実態把握ができなかったり、証拠となるデータが故意に改ざん・削除されている可能性も想定されるからです。

フォレンジック調査会社へ相談・依頼する際は以下のような流れで行います。なお、当社では作業内容のご提案とお見積りのご提示まで無料でご案内しております。

◎ハッキング調査を考えている方へ(お見積りまで完全無料)

ハッキング調査をしたい方は、DDF(デジタルデータフォレンジック)にご相談ください。累計1.4万件のご相談実績(※1)があり、他社にはない11年連続国内売上No.1のデータ復旧技術(※2)フォレンジック技術を駆使してお客様の問題解決をサポートします。

「ハッキングされました」という表示・メールが出てきた
スマホに知らないアプリが入っている
不明な番号やアドレスから着信があり不安…

上記のようなご相談から調査項目/作業内容のご提案、お見積りまでは完全無料。安心してご相談ください。

24時間365日 相談受付

※1 第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2017年)
※2 累計ご相談件数14,223件を突破(期間:2016年9月1日~)

デジタルデータフォレンジックでは、国内売上シェアトップクラスのデータ復元技術を活用し、パソコンやスマートフォンに残されたログの調査やマルウェアの感染経路調査を行っています。また、ご相談件数は警察機関や法律事務所、官公庁、上場企業から個人のお客様まで1万4,000件以上を数えます。

お困りの際はデジタルデータフォレンジックまでご相談ください。なお、証拠利用の場合、法廷資料としても活用できる報告書の作成も承っております。

 

共通CTA