サイバー攻撃

スマホがハッキングされた?乗っ取りサインやウイルス感染時の対処法について解説

スマホのハッキング

私たちが普段使用するスマホには、個人情報や金融情報などの機密情報が膨大に搭載されており、ハッキングされてしまうと大きなトラブルにつながる恐れがあります。

この記事では、スマホ乗っ取りについての被害事例、原因や症状などを元に「自分のスマホは大丈夫か」「今後の安全も確保したい」という方のために必要な情報をまとめました。この記事を通してスマホがハッキングされていないかを確認しましょう。

ハッキングされているか調査したい方へ

どこに依頼するか迷ったら、相談実績が累計23,703件以上(※1)デジタルデータフォレンジック(DDF)がおすすめ
データ復旧業者14年連続国内売上No.1のデータ復旧技術(※2)とフォレンジック技術で他社で調査が難しいケースでも幅広く対応でき、警察・捜査機関からの感謝状の受領実績も多数。
相談からお見積までは完全無料だから、いきなり費用発生の心配もなし。

※1 累計ご相談件数23,703件を突破(期間:2016年9月1日~)
※2 データ復旧専門業者とは、自社及び関連会社の製品以外の製品のみを対象に保守及び修理等サービスのうちデータ復旧サービスを専門としてサービス提供している企業のこと
第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2020年)

目次
  1. スマホの乗っ取り・ハッキングとは
  2. スマホの乗っ取り・ハッキング時のサイン10選
  3. ハッカーによるスマホの乗っ取り・ハッキング手口
  4. スマホのハッキング(乗っ取り)被害事例
  5. スマホのハッキング(乗っ取り)を確認する方法
  6. スマホのハッキング(乗っ取り)が疑われる際の対処法
  7. スマホのハッキング(乗っ取り)調査方法とは
  8. フォレンジック調査会社への相談方法

スマホの乗っ取り・ハッキングとは

ハッキングとは「悪意をもった攻撃者が、第三者の端末に不正アクセスし、データを改ざんする、あるいは金銭や個人情報を盗み取る行為」です。また、そこから本人の個人情報をリークする行為は「ドキシング(晒し)」と呼ばれ、刑事責任や民事責任に問われます。

近年、誰もがスマホを常時使用するようになったことから、スマホを対象としたハッキングなど、サイバー攻撃の件数は拡大しています。スマートフォンは各種ログイン情報や決済情報が記録されており、ユーザーの人生そのものがそこには記録されていますので、スマホを持つすべての人は多かれ少なかれ、ハッキング被害に遭うことを前提として注意深くスマホを利用するべきでしょう。

また、乗っ取られてしまうと、親族・知人などの関係者や、親会社、さらには取引先にも二次被害を及ぼすことがあり、大規模な被害につながりかねません。そのため、ハッキングが疑われるサインがいくつか見られた場合、ハッキング調査に対応した業者まで端末の調査を依頼することが重要となってくるのです。

◎ハッキング調査を考えている方へ(お見積りまで完全無料)

ハッキング調査をしたい方は、DDF(デジタルデータフォレンジック)にご相談ください。累計23,703件のご相談実績(※1)があり、他社にはないデータ復旧業者14年連続国内売上No.1のデータ復旧技術(※2)フォレンジック技術を駆使してお客様の問題解決をサポートします。

「ハッキングされました」という表示・メールが出てきた
スマホに知らないアプリが入っている
不明な番号やアドレスから着信があり不安…

上記のようなご相談から調査項目/作業内容のご提案、お見積りまでは完全無料。安心してご相談ください。

24時間365日 相談受付

※1 累計ご相談件数23,703件を突破(期間:2016年9月1日~)
※2 データ復旧専門業者とは、自社及び関連会社の製品以外の製品のみを対象に保守及び修理等サービスのうちデータ復旧サービスを専門としてサービス提供している企業のこと
第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2020年)

 

スマホの乗っ取り・ハッキング時のサイン10選

スマホの乗っ取り・ハッキング時には特徴的なサインが見受けられます。代表的なサインは次の10個です。

  1. 動作が重くなる・熱を持つ
  2. 電池がすぐ減る
  3. 設定が勝手に変わっている
  4. 有料アプリ・有料コンテンツが購入されている
  5. 「Apple ID サインインが要求されました」と表示される・見に覚えがないアクセス位置情報が表示される
  6. カメラ機能が勝手につく
  7. 勝手に再起動を繰り返す
  8. 既定の通信量をすぐ消費する
  9. 身代金を要求された
  10. サイト閲覧時に「ウイルス感染しました」と出た

このようなサインがいくつもみられる場合、仮想通貨の採掘(マイニング)を手伝わされたり、サイバー攻撃の踏み台として悪用されたりしている可能性がありますので、具体的にどのような被害を受けているかを専門業者まで調査を依頼することをおすすめします。

動作が重くなる・熱を持つ

スマートフォンは使用すればするほど、キャッシュ(ログイン情報など一時データ)が溜まり、動作が重くなる場合があります。このとき、バックアップを取って初期化することで問題が解消されることがありますが、そもそも購入して期間を経ないうちに「動作が重くなる」「データがストレージを圧迫している」という場合、マルウェア(不正アプリ)がバックグラウンドで稼働しているか、ハッカーにハッキングされている可能性があります。

電池がすぐ減る

電池の減りが早くなった、あるいはスマートフォンを操作していないのに充電がすぐになくなってしまう場合、ハッキングされている可能性があります。ただし、バッテリーは充電するたび劣化するため、数年以上使用している場合は、バッテリーの経年劣化も考えられます。

iPhoneの場合、「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」からバッテリーの劣化状態が把握できます。もしここで「最大容量」が60%になっている場合、100%充電しても実質的には60%しか充電することができません。

設定が勝手に変わっている

スマートフォンの設定が「いつの間にかマナーモードになっている」など勝手に変更されている場合、第三者に遠隔操作されている恐れがあります。複数個のサインが当てはまる場合、ハッキングを想定しておきましょう。

有料アプリ・有料コンテンツが購入されている

見に覚えのない有料アプリ・有料コンテンツが購入されており、見に覚えのない請求が届く場合、第三者にハッキングされている恐れがあります。

「Apple ID サインインが要求されました」と表示された・見に覚えがないアクセス位置情報が表示された

「Apple IDサインインが要求されました。ご利用のApple IDが〇〇県〇〇市(見に覚えのばい場所)でデバイスにサインインするために使用されています。」というポップアップが表示される場合、第三者にハッキングされている可能性があります。二要素認証を設定している場合、ブロックされることもありますが、設定していなかった場合、セキュリティを突破されている恐れがあるので、パスワード変更や被害確認など早急の対応が必要です。

カメラ機能が勝手につく

スマートフォンがハッキングされていると、カメラが勝手に起動することがあります。

iPhoneの場合、カメラを使用していないにもかかわらず、画面の右上にオレンジ色の点灯が表示される場合、ハッキングによって盗聴されている恐れがあります。

勝手に再起動を繰り返す

スマホが再起動を繰り返す場合、スマホの本体やアプリに問題が発生している可能性があります。ただし、iPhoneでリンゴマークが表示され、ループする場合、スマホのデータ容量が限界を迎えているか、スマホ自体が故障していると考えられます。この場合、ハッキングではありませんので、修理店に対応を依頼されることをおすすめします。

既定の通信量をすぐ消費する

ハードな使い方をしていないにもかかわらず、「携帯会社からスマホの通信速度制限通知がくる」という場合、ハッキングされている可能性があります。

身代金を要求されている

身代金を要求されており、なおかつ画面がロックされ、操作ができない場合、ランサムウェアという身代金要求型ウイルスに感染している恐れがあります。この場合、端末のロックを自力で解除することはできません。もっとも、ランサムウェアに感染した時点ですでに情報が抜き取られ、ダークウェブ上にあるリークサイトで共有されている恐れがあるため、シチュエーション次第では、端末の調査とダークウェブ調査が必要になる場合があります。

サイト閲覧時に「ウイルス感染しました」と出る

サイト閲覧時に「ウイルス感染しました」と出るのは、相手をだまして、セキュリティアプリをうたったマルウェアをインストールさせる常套手段です。もし「ウイルス感染しました」と出た際、すぐにブラウザバックしていれば、別にマルウェアなどに感染しているわけではありません。

しかし、要求に従って「不正サイトにログインする」、「アプリをインストールした」というような場合、マルウェアに感染している恐れがあります。この場合、そのまま端末の電源を切るか、SIMカードを取り外すなどして、オフライン状態に保ち、情報漏えいが心配な方は、ハッキング調査の専門業者まで対応を依頼されることをおすすめします。

サイト閲覧時に「ウイルス感染しました」と出る原因や被害事例については、下記の記事でも詳しく解説しています。

サイト閲覧時に「ウイルス感染しました」と出る原因と被害事例を解説スマートフォンやPCを使用中、「ウイルスに感染しました」や「スパイウェアが検出されました」と表示されることがありませんか? 指示に...

ハッカーによるスマホの乗っ取り・ハッキング手口

スマホがハッキングにつながる行動は以下のようなものです。

なお、スマホはセキュリティが充実しており、通常であればハッキングを防御できますが、スマホの脆弱性もしくは利用しているスマホの違いなどによって感染リスクが高まります。

不正なサイトにアクセスする

スマホのウイルス感染の原因として、不正なサイトへのアクセスが筆頭に上がります。
このようなサイトにアクセスすると、「ウイルスが検出されました!」「あなたは監視されています」などの警告が表示されることがあります。

ウイルス感染やハッキングを装うフェイクアラート

 

このような表示が出た時点では、ウイルスに感染したり、ハッキングされている可能性は高くありません。しかし、警告文に誘導され、不正なアプリをインストール、もしくは有料で購入すると、ハッキングされてしまう恐れが高まります。

不正アプリ(マルウェア)のインストール

アプリの中にはウイルス感染を目的とし、悪意を持って作成されたものもあります。このようなアプリは、それなりに機能が充実しており、問題なく利用できるため、知らないうちに情報が抜き取られてしまうという特徴があります。このような自身を装う悪質なアプリは、一般的に「トロイの木馬」と称されます。

不正なネットワークへのアクセス

最近では、公衆Wi-Fiスポットなど、無料でネットワークに接続できる場所が増えました。しかし、ハッキングを目的とした、不正なWi-Fiアクセスポイントも存在しており、このようなネットワークは接続するだけでスマホが乗っ取られてしまうリスクがあります。

セキュリティ不要で信頼できないWi-Fiアクセスポイントには、安易に接続するべきではありません。またこれは周辺の店舗や交通機関の名前でWi-Fiが表示されることもあるため、注意が必要です。

◎ハッキング調査を考えている方へ(お見積りまで完全無料)

ハッキング調査をしたい方は、DDF(デジタルデータフォレンジック)にご相談ください。累計23,703件のご相談実績(※1)があり、他社にはないデータ復旧業者14年連続国内売上No.1のデータ復旧技術(※2)フォレンジック技術を駆使してお客様の問題解決をサポートします。

「ハッキングされました」という表示・メールが出てきた
スマホに知らないアプリが入っている
不明な番号やアドレスから着信があり不安…

上記のようなご相談から調査項目/作業内容のご提案、お見積りまでは完全無料。安心してご相談ください。

24時間365日 相談受付

※1 累計ご相談件数23,703件を突破(期間:2016年9月1日~)
※2 データ復旧専門業者とは、自社及び関連会社の製品以外の製品のみを対象に保守及び修理等サービスのうちデータ復旧サービスを専門としてサービス提供している企業のこと
第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2020年)

スマホのハッキング(乗っ取り)被害事例

攻撃者は基本的に、次の情報を盗取する目的でハッキング・乗っ取りを行います。

  • クレジットカードの決済情報
  • ネットバンキングやSNSのアカウント情報
  • 写真やメール、連絡先などの個人情報

実際にスマホがハッキングされると、次のような被害に発展するリスクがあり、その被害事例は非常に多岐に渡ります。

  • 個人情報、クレジットカード情報の漏えい
  • オンライン決済の不正利用
  • SNSなどアカウントの不正利用
  • 遠隔操作による盗撮・盗聴
  • ハッキングの発信源(踏み台)にされる
  • データ使用量増大に伴う、機器の動作不良

ログイン情報が知られると、アカウントが乗っ取られ、サービスを不正利用されるリスクがあるほか、他の端末にハッキングする「発信源」として悪用されることで、知らないうちに犯罪に加担させられることもあります。また、このような場合、ユーザーの家族や友人など周囲を巻き込んだ「連鎖的なハッキング」につながる恐れもあります。

ハッキング被害は自分だけではなく、周囲や無関係の第三者にまで広がる可能性があることを認識しておきましょう。

スマホのハッキング(乗っ取り)を確認する方法

スマホのハッキングを確認する簡単な方法としては次の2つがあります。
以下の2つを定期的に確認することで、ハッキングに気づきやすい環境を作り、被害の拡大を未然に防ぐことが可能です。

スマホの使用履歴を確認する

身に覚えのないログイン形跡、アカウントの登録、アプリケーション、SNSへの身に覚えのない投稿がある場合、スマホが乗っ取られている可能性が高いです。

データ通信料金を確認する

スマホがハッキングされている場合、バックグラウンドで端末を操作されると、通信量が増大し、必然的にデータ通信量も増えてしまいます。

スマホのハッキング(乗っ取り)が疑われる際の対処法

スマホのハッキングが疑われる場合、応急処置として次の6つを挙げることが出来ます。

  • アプリやOSを最新の状態に保つ
  • 不審なアプリをアンインストールする
  • パスワードを変更する・2要素認証を導入する
  • 最新セキュリティ製品を導入する
  • アカウントやクレジットカードを利用停止する
  • 怪しいアプリをアンインストールする(課金した場合は返金依頼・解約する)

アプリやOSを最新の状態に保つ

スマホのハッキング(乗っ取り)が疑われる場合、アプリやOSを最新の状態に保っておきましょう。クリーンな環境に近づけることで、インシデントの火消しにつながる場合があります。

不審なアプリをアンインストールする

公式ストア以外でも、インストール可能なアプリが多数存在します。しかし、そのようなアプリは公式ストアの審査に通っておらず、ウイルスを含んでいることも考えられます。

公式ストア以外でのアプリをインストール後、スマホが重くなったり、通信料が増えるなど、何らかの不具合が生じた場合、不正アプリの可能性が高いです。不審な挙動を覚えたら、すぐに不審なアプリをアンインストールしましょう。

パスワードを変更する・2要素認証を導入する

不正利用を防ぐため、SNSやECサイトなどのパスワードを変更しましょう。また、アカウントが乗っ取られ、パスワードが勝手に変更されている場合には、サービス運営側に相談し、アカウントを停止しましょう。

最新セキュリティ製品を導入する

Androidではセキュリティソフトをインストールすることができます。

Androidのセキュリティソフトには、スマホへの不審な挙動を監視したり、不正なハッキングを遮断してくれるものもあります。

ただし、セキュリティソフトによってはウイルスの検知しかできず、それ以上の機能は持ち合わせていないものもあります。導入の際には、どのような機能を備えているのか確認してから選ぶようにしましょう。

アカウントやクレジットカードを利用停止する

ハッキングの兆候がある場合、アカウントやクレジットカードを利用停止しましょう。ハッキングの目的の大半は金銭詐取です。今すぐ口座を凍結することをおすすめします。

課金した場合は返金依頼・解約する

ハッキングが疑われる場合、アプリ発行元に問い合わせるか、決済代行会社に相談し、返金申請をするとともに端末自体の調査をおこなうことをおすすめします。なぜなら、このケースでインストールされる有料アプリの多くは、第三者に個人情報を送信するようなマルウェアであることが多いからです。繰り返しになりますが、情報漏えいが心配な方はハッキング調査の専門業者まで対応を依頼しましょう。

 

スマホのハッキング(乗っ取り)調査方法とは

フォレンジック調査に依頼する

社用のスマートフォンなどでハッキング被害が発覚した場合、情報流出の有無を調査して被害実態を明らかにしたり、行政や法的機関に提出できる報告書を作成する必要があります。

しかし、スマホのハッキング手口は日々巧妙化しており、個人で調査・確認できる範囲も限られており、企業内のシステム担当者がむやみに操作すると攻撃の痕跡が上書きされてしまうこともあります。

一方でハッキング調査の専門業者では、「フォレンジック」という技術を活用して正確かつ適切にスマホを調査することが可能です。

「フォレンジック」とは、特殊技術を用いてパソコンやスマートフォンの調査・解析を行う技術です。たとえば、端末内に残されたログから、ハッキングなどの不正行為や、流出情報を調査することが可能となっています。フォレンジック調査については下記の記事でも詳しく紹介しています。

ハッキング専門業者への調査を依頼するメリット

ハッキングのフォレンジック調査を行うメリットは、主に次の2つがあります。

①専門エンジニアの詳細な調査結果が得られる

フォレンジック調査の専門会社では、高度な技術を持つ専門エンジニアが、正しい手続きでスマホのハッキング被害を確認できるため、社内や個人で調べるよりも正確にハッキング被害の実態を確認することができます。

また、自社調査だけでは不適切とみなされてしまうケースがありますが、フォレンジックの専門業者と提携することで、調査結果を具体的にまとめた報告書が作成でき、これは公的機関や法廷に提出する資料として活用が可能です。

②セキュリティの脆弱性を発見し対策できる

フォレンジック調査では、ハッキング経路や被害の程度を明らかにし、現在のセキュリティの脆弱性を発見することで、今後のリスクマネジメントに活かすことができます。

また弊社では、解析調査に加え、解析調査結果を元に、お客様のセキュリティ強化に最適なサポートもご案内しています。

◎ハッキング調査を考えている方へ(お見積りまで完全無料)

ハッキング調査をしたい方は、DDF(デジタルデータフォレンジック)にご相談ください。累計23,703件のご相談実績(※1)があり、他社にはないデータ復旧業者14年連続国内売上No.1のデータ復旧技術(※2)フォレンジック技術を駆使してお客様の問題解決をサポートします。

「ハッキングされました」という表示・メールが出てきた
スマホに知らないアプリが入っている
不明な番号やアドレスから着信があり不安…

上記のようなご相談から調査項目/作業内容のご提案、お見積りまでは完全無料。安心してご相談ください。

24時間365日 相談受付

※1 累計ご相談件数23,703件を突破(期間:2016年9月1日~)
※2 データ復旧専門業者とは、自社及び関連会社の製品以外の製品のみを対象に保守及び修理等サービスのうちデータ復旧サービスを専門としてサービス提供している企業のこと
第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2020年)

フォレンジック調査会社への相談方法

ハッキングの疑いがある場合、早めの相談で、被害が拡大する前に対処を図ることが可能です。まずは気軽にご相談ください。無料で相談・診断を承っております。

フォレンジック調査会社へ相談・依頼する際は以下のような流れで行います。なお、当社では作業内容のご提案とお見積りのご提示まで無料でご案内しております。

フォレンジック調査の流れ

社内でインシデントが発生した際、フォレンジック調査を行うかまだ決定していない段階であっても、一度専門会社へ相談するのをおすすめします。なぜなら専門的なノウハウを持たない中で自社調査を行っても、正確な実態把握ができなかったり、証拠となるデータが故意に改ざん・削除されている可能性も想定されるからです。

フォレンジック調査会社へ相談・依頼する際は以下のような流れで行います。なお、当社では作業内容のご提案とお見積りのご提示まで無料でご案内しております。

◎ハッキング調査を考えている方へ(お見積りまで完全無料)

ハッキング調査をしたい方は、DDF(デジタルデータフォレンジック)にご相談ください。累計23,703件のご相談実績(※1)があり、他社にはないデータ復旧業者14年連続国内売上No.1のデータ復旧技術(※2)フォレンジック技術を駆使してお客様の問題解決をサポートします。

「ハッキングされました」という表示・メールが出てきた
スマホに知らないアプリが入っている
不明な番号やアドレスから着信があり不安…

上記のようなご相談から調査項目/作業内容のご提案、お見積りまでは完全無料。安心してご相談ください。

24時間365日 相談受付

※1 累計ご相談件数23,703件を突破(期間:2016年9月1日~)
※2 データ復旧専門業者とは、自社及び関連会社の製品以外の製品のみを対象に保守及び修理等サービスのうちデータ復旧サービスを専門としてサービス提供している企業のこと
第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2020年)

デジタルデータフォレンジックでは、国内売上シェアトップクラスのデータ復元技術を活用し、パソコンやスマートフォンに残されたログの調査やマルウェアの感染経路調査を行っています。また、ご相談件数は警察機関や法律事務所、官公庁、上場企業から個人のお客様まで23,703件以上を数えます。

お困りの際はデジタルデータフォレンジックまでご相談ください。なお、証拠利用の場合、法定資料としても活用できる報告書の作成も承っております。

 

電話で相談するメールで相談する
フォームでのお問い合わせはこちら
  • 入力
  • 矢印
  • 内容確認
  • 矢印
  • 送信完了
必 須
任 意
任 意
任 意
(全角カナ)
必 須
(半角数字)
必 須
(半角英数) (半角英数)
必 須
必 須
必 須
必 須
簡易アンケートにご協力お願いいたします。(当てはまるものを選択してください) 
 ハッキングや情報漏洩を防止するセキュリティ対策に興味がある
 社内不正の防止・PCの監視システムに興味がある