サイバー攻撃

iPhoneがハッキング・乗っ取りに遭う原因、症状、対処法を解説

iPhoneのハッキング確認

近年は、パソコンだけでなくスマートフォンに感染するウイルスも報告されています。iPhoneはセキュリティが強固で、ハッキングに遭いにくいとされていますが、攻撃者は巧妙な手口でユーザーをだまし、ハッキングを行います。

この記事では、iPhoneのハッキングにつながる原因や症状を解説し、ハッキング被害を受けないための複数の対処法もご紹介します。

ハッキングされているか調査したい方へ

どこに依頼するか迷ったら、相談実績が累計1.4万件以上(※1)デジタルデータフォレンジック(DDF)がおすすめ
11年連続国内売上No.1のデータ復旧技術(※2)とフォレンジック技術で他社で調査が難しいケースでも幅広く対応でき、警察・捜査機関からの感謝状の受領実績も多数。
相談からお見積までは完全無料だから、いきなり費用発生の心配もなし。

※1 累計ご相談件数14,223件を突破(期間:2016年9月1日~)
※2 第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2017年)

iPhoneのハッキング(乗っ取り)目的

攻撃者の主な目的は、金銭的利益です。たとえば、身代金を要求したり、クレジットカードの決済情報を盗み取ったり、ECサイトを不正利用したりといった被害が多く、背景にはビジネスとしてハッキングを活用するサイバー犯罪集団の存在があるとみなされています。

また個人的に撮影した写真や動画をひそかに盗み取るタイプの攻撃者は、相手に気づかれないようユーザーの行動を監視するため、被害者もハッキング被害に気づきにくくなります。

iPhoneのハッキング(乗っ取り)原因

iPhoneのハッキング・乗っ取り原因には次のものがあります。ハッキングを避けるためも、以下の行動は極力控えるべきです。

悪意のあるWi-Fiネットワークに接続する

FreeWi-Fiの中には、不正なWi-Fiが混在していることがあり、iOSのWi-Fiセキュリティに脆弱性があると、防御が突破される可能性があります。

なお、攻撃者は偽のFreeWi-Fiに接続させ、ハッキングを行います。また、Wi-Fiの表示は周辺店舗や交通機関の名前を装って表示されることもあるため、注意が必要です。

左が暗号化されているWi-Fi/右が暗号化されていないWi-Fi

フィッシング/フェイクアラート

相手の恐怖を煽ったり、セキュリティ上の問題と称して、Apple IDなどの入力を催促するメールやSMSは、ハッキングなどを目的とした「フィッシング」もしくは「フェイクアラート」です。

Apple IDの入力を促す不自然なメールやSMSは、まず間違いなくフィッシングだと疑うようにしましょう。詐欺SMSの具体例については下記の記事で詳しく紹介しています。

業者をかたる偽SMSの手口と被害調査の方法を解説
業者をかたる偽SMSの手口と被害調査の方法を解説身に覚えのない偽SMSにアクセスしたことで、個人情報の窃取が疑われる際の調査方法を解説します。デジタルデータフォレンジックではハッキングの経路や被害を迅速に調査し、問題解決に貢献します。365日年中無休・相談見積無料。...

設定の不備

iPhoneOS(iOS)では、第三者にAppleIDとパスワードを知られても侵入を防御できるように、暗証番号をユーザーの端末に送信する「2ファクタ認証(2段階認証)」という機能が搭載されています。

しかし、2ファクタ認証の設定がオフの状態だと、AppleIDとパスワードを知られるだけで、簡単に侵入されてしまいます。もし2ファクタ認証がオフになっている方は、早急に設定から2ファクタ認証をオンに変更しておきましょう。

iPhoneのハッキング(乗っ取り)症状

iPhoneは気づかぬうちにハッキングされてしまっていることがあります。ご自身の端末にハッキングの症状がないか、確認しましょう。

容量を圧迫する/不自然に熱くなる

iPhoneが遠隔操作され、不正な通信がバックグラウンドで行われると、次のような症状が起こることがあります。

  • 容量が圧迫されて、iPhoneの動作が遅い気がする
  • iPhoneを使用してないのに熱くなることがある
  • iPhoneの充電がすぐになくなってしまう

とくに「メモリ使用量が大きい編集アプリを利用していない」「購入から年月が経っていない」という状況にも関わらず、次の不具合がある場合、ハッキングの可能性が高まります。

Apple IDの不正利用が疑われる

次のようなケースはApple IDの不正利用が疑われます。

  • Appleから身に覚えのないセキュリティ通知を受け取った
  • App Storeから見に覚えのない請求が届いた
  • 見知らぬアプリがインストールされていた
  • Apple IDのパスワードが機能しない(変更されたりロックされている)

このような場合は早急に、Apple IDのアカウント管理ページにサインインし、Apple ID のパスワードを変更し、強力なパスワードを選択しましょう。

「ハッキングされています」という警告が届く

iPhoneで「ウイルスが検出されました!」「あなたは監視されています」などの警告が表示される場合、警告文の指示に従ってはいけません。これはハッキングに遭ったわけではなく、相手を誘導させる偽警告(フェイクアラート)です。

このような警告文は「ハッキング」「カウントダウン」などの脅迫的な文言を表示することでユーザーの不安をいたずらに煽り、不正なアプリのインストールさせようとします。またこの時、Apple IDを入力すると情報が抜き取られ、ハッキングされる恐れが高まります

ウイルス感染やハッキングを装うフェイクアラート

iPhoneのハッキングの対処方法

上記のハッキングの症状に当てはまった方は以下の対処を行いましょう。

Apple IDを変える

ハッキングへの対処法としてまずやるべきなのが、AppleIDとパスワードを変えることです。設定するパスワードも出来るだけ長く複雑にすることで、強固なものにしましょう。

Apple IDのパスワードを入力しても、すでに変更されており、サインインできない場合は、友達や家族のiPhone端末やMacからパスワードをリセットしてください。

iPhoneを初期化する

iPhoneのハッキング・乗っ取りの対処法として、端末を初期化する方法があります。

初期化すると、工場出荷状態に戻るため、不正なアプリを含むすべての設定やデータが消滅し、ハッキングによる遠隔操作の恐れはなくなります。

金融サービスのIDとパスワードを変更する

ただし、初期化はあくまで端末そのものに対する対処で、アプリの設定はネットワーク上に記録されています。もしiPhone上のアプリに、金融情報や決済情報が保存されている場合は、不正に利用されていないか利用履歴を確認する必要があります。

仮に不正利用が行われた形跡がなかったとしても、サービスごとにIDとパスワードを変更するなどの措置が必要となります。

専門業者への調査を依頼する

社用iPhoneのハッキングが発覚した場合、コンプライアンスの観点から、情報流出の有無など被害実態を明らかにし、場合によっては法的機関に報告書を提出する必要があります。

しかし、iPhoneの乗っ取り手口は日々巧妙化しており、むやみに操作してしまうと、ハッキングの痕跡が上書きされてしまい、被害の全容が掴みにくくなる恐れがあります。

一方でハッキング調査の専門業者では、「フォレンジック」という特殊技術を活用して正確かつ適切にスマホを調査することが可能です。なお「フォレンジック」とは、パソコンやスマートフォンの調査・解析を行う技術であり、端末内に残されたログから、ハッキングなどの不正行為や、流出情報を調査することが可能となっています。

ハッキング調査については下記の記事でも詳しく紹介しています。

◎ハッキング調査を考えている方へ(お見積りまで完全無料)

ハッキング調査をしたい方は、DDF(デジタルデータフォレンジック)にご相談ください。累計1.4万件のご相談実績(※1)があり、他社にはない11年連続国内売上No.1のデータ復旧技術(※2)フォレンジック技術を駆使してお客様の問題解決をサポートします。

「ハッキングされました」という表示・メールが出てきた
スマホに知らないアプリが入っている
不明な番号やアドレスから着信があり不安…

上記のようなご相談から調査項目/作業内容のご提案、お見積りまでは完全無料。安心してご相談ください。

24時間365日 相談受付

※1 第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2017年)
※2 累計ご相談件数14,223件を突破(期間:2016年9月1日~)

なお、ハッキングのフォレンジック調査を行うメリットは、主に次の2つがあります。

①専門エンジニアの詳細な調査結果が得られる

フォレンジック調査の専門会社では、高度な技術を持つ専門エンジニアが、正しい手続きでiPhoneのハッキング被害を確認できるため、社内や個人で調べるよりも正確にハッキング被害の実態を確認することができます。

また、自社調査だけでは不適切とみなされてしまうケースがありますが、フォレンジックの専門業者と提携することで、調査結果を具体的にまとめた報告書が作成でき、これは公的機関や法廷に提出する資料として活用が可能です。

②セキュリティの脆弱性を発見し対策できる

フォレンジック調査では、iPhoneのハッキング経路や被害の程度を明らかにし、現在のセキュリティの脆弱性を発見することで、今後のリスクマネジメントに活かすことができます。

また弊社では解析調査や報告書作成に加え、お客様のセキュリティ強化に最適なサポートもご案内しています。

フォレンジック調査会社への相談方法

ハッキングの疑いがある場合、早めの相談で、被害が拡大する前に対処を図ることが可能です。まずは気軽にご相談ください。無料で相談・診断を承っております。

フォレンジック調査会社へ相談・依頼する際は以下のような流れで行います。なお、当社では作業内容のご提案とお見積りのご提示まで無料でご案内しております。

フォレンジック調査の流れ

社内でインシデントが発生した際、フォレンジック調査を行うかまだ決定していない段階であっても、一度専門会社へ相談するのをおすすめします。なぜなら専門的なノウハウを持たない中で自社調査を行っても、正確な実態把握ができなかったり、証拠となるデータが故意に改ざん・削除されている可能性も想定されるからです。

フォレンジック調査会社へ相談・依頼する際は以下のような流れで行います。なお、当社では作業内容のご提案とお見積りのご提示まで無料でご案内しております。

◎ハッキング調査を考えている方へ(お見積りまで完全無料)

ハッキング調査をしたい方は、DDF(デジタルデータフォレンジック)にご相談ください。累計1.4万件のご相談実績(※1)があり、他社にはない11年連続国内売上No.1のデータ復旧技術(※2)フォレンジック技術を駆使してお客様の問題解決をサポートします。

「ハッキングされました」という表示・メールが出てきた
スマホに知らないアプリが入っている
不明な番号やアドレスから着信があり不安…

上記のようなご相談から調査項目/作業内容のご提案、お見積りまでは完全無料。安心してご相談ください。

24時間365日 相談受付

※1 第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2017年)
※2 累計ご相談件数14,223件を突破(期間:2016年9月1日~)

デジタルデータフォレンジックでは、国内売上シェアトップクラスのデータ復元技術を活用し、パソコンやスマートフォンに残されたログの調査やマルウェアの感染経路調査を行っています。また、ご相談件数は警察機関や法律事務所、官公庁、上場企業から個人のお客様まで1万4,000件以上を数えます。

お困りの際はデジタルデータフォレンジックまでご相談ください。なお、証拠利用の場合、法定資料としても活用できる報告書の作成も承っております。

共通CTA