サイバー攻撃

Androidがハッキング・乗っ取りに遭う原因や症状、対処法を解説

Androidは、セキュリティーの強固なiPhoneに比べて乗っ取りの被害に遭うリスクが高く、Androidはしばしばハッキングのターゲットとなっています。

この記事では、Androidのハッキング(乗っ取り)につながる原因や症状を解説し、ハッキング被害を受けないための複数の対処法をご紹介します。

ハッキングされているか調査したい方へ

どこに依頼するか迷ったら、相談実績が累計1.4万件以上(※1)デジタルデータフォレンジック(DDF)がおすすめ
11年連続国内売上No.1のデータ復旧技術(※2)とフォレンジック技術で他社で調査が難しいケースでも幅広く対応でき、警察・捜査機関からの感謝状の受領実績も多数。
相談からお見積までは完全無料だから、いきなり費用発生の心配もなし。

※1 累計ご相談件数14,223件を突破(期間:2016年9月1日~)
※2 第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2017年)

ハッキング(乗っ取り)の目的

ハッキングの主な目的は金銭の窃取です。実際に端末を乗っ取った身代金の要求や、クレジットカードの不正利用など、金銭が絡んだハッキング事例が世界的に多発しています。

一方で、住所などの個人情報や、スマートフォン上の写真などを盗みとるストーカータイプの攻撃者も存在しており、このようなケースだとハッキング被害に気づきにくくなります。

Androidスマホ限定で身代金を要求するランサムウェア

Androidのハッキング(乗っ取り)につながる原因

Androidのハッキング(乗っ取り)原因には次のものがあります。乗っ取りを避けるためも、以下の行動は控えましょう。

なりすましWi-Fiへの接続

Free Wi-Fiの中には、パスワードの窃取やハッキングを目的とした悪質なFree Wi-Fiが混在しています。このような偽Wi-Fiは、周辺の店舗・施設や交通機関の名前を装って表示されていることが多く「なりすましアクセスポイント」と呼ばれています。

なお、偽のFree Wi-Fiは、たいていの場合、カギマークが付いておらず、暗号化されていません。たとえ実在の交通機関や店舗のWifiであっても、暗号化されていない場合は、なりすましWi-Fiの可能性が高いと考えられるため、接続を控えましょう。

提供元不明の不正アプリのインストール

Androidの公式アプリストア「Google Play store」は、アプリ審査基準の厳格なApple storeに比べて、審査基準が少なく、中には不正なアプリも一部存在しています。

これ以外にも、Androidには非公式のアプリストアがあり、ここには公式ストアの審査に通らなかった提供元不明の怪しいアプリが紛れ込んでいます。これらのアプリの中には、インストールすると、データを盗まれるだけでなく、盗撮・盗聴されたり、身代金を要求したりするランサムウェアも存在します。また、偽の警告画面から誘導・購入させられたセキュリティアプリも、たいていの場合はウイルスの駆除機能が存在しない「詐欺アプリ」です。

アプリのインストールは事前に良く確認し、公式アプリストア以外からのインストールは控えましょう。

フィッシングや偽SMS

フィッシングによるハッキングでは、主に、メールが用いられます。個人情報などを入力するよう促してくるようなメールはまず間違いなくフィッシングだと疑いましょう。

また近年はSMSやメールで実在する運送業者になりすました不在通知が増加しました。これは不在通知に記載されているリンクを踏ませ、ユーザーの個人情報やクレジットカード情報を入力させ、盗みとる手口です。

運送業者は不在通知などをSMSで発信していないため、これらはすべて詐欺となります。注文した覚えがない業者から届いた不審なメール、身に覚えのないメールは、決してリンクを開かずに、無視しましょう。

◎ハッキング調査を考えている方へ(お見積りまで完全無料)

ハッキング調査をしたい方は、DDF(デジタルデータフォレンジック)にご相談ください。累計1.4万件のご相談実績(※1)があり、他社にはない11年連続国内売上No.1のデータ復旧技術(※2)フォレンジック技術を駆使してお客様の問題解決をサポートします。

「ハッキングされました」という表示・メールが出てきた
スマホに知らないアプリが入っている
不明な番号やアドレスから着信があり不安…

上記のようなご相談から調査項目/作業内容のご提案、お見積りまでは完全無料。安心してご相談ください。

24時間365日 相談受付

※1 第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2017年)
※2 累計ご相談件数14,223件を突破(期間:2016年9月1日~)

ハッキング(乗っ取り)の症状

Androidは気づかぬうちにハッキング・乗っ取りに遭っていることがあります。ご自身の端末にハッキング・乗っ取りの症状がないか、確認しましょう。

容量を圧迫する/不自然に熱くなる

Androidが遠隔操作され、不正な通信がバックグラウンドで行われると、次のような症状が起こることがあります。

  • 容量が圧迫されて、Androidの動作が遅い気がする
  • Androidを使用してないのに熱くなることがある
  • Androidの充電がすぐになくなってしまう

とくに「メモリ使用量が大きい編集アプリを利用していない」「購入から年月が経っていない」という状況にも関わらず、次の不具合がある場合、ハッキングの可能性が高まります。

身に覚えのない請求が届く

身に覚えのない請求が、通信会社の請求書や、PayPalアカウントなどにある場合、Googleにお問い合わせになる前に、Google Play storeからの請求かどうかを確認しましょう。

明細書に購入した覚えのないアプリ名などが記載されている場合、Google Play storeのパスワードが流出し、アカウントが乗っ取られている恐れがあります。

ハッキング(乗っ取り)の対処法

ハッキング・乗っ取りに遭った際の対処法を紹介します。上記のハッキング・乗っ取りの症状に当てはまった方は以下の対処を行いましょう。

アプリストアID・パスワードを変える

ハッキング・乗っ取りに遭った時の対処法としてまずやるべきなのが、Androidのアプリに紐づけられているGoogleアカウントのパスワード変更です。ここで設定するパスワードは、できるだけ複雑な文字列にするなど、強固なものにしましょう。

Androidを初期化する

スマートフォンが乗っ取られた原因がわからない場合や、端末がロックされてしまった場合は、可能であればスマートフォンの初期化を行いましょう。強制的に初期化することで、乗っ取り状態を解消できる可能性があります。

ただし、初期化によってスマートフォンに入っているデータは消えてしまいます。こうしたリスクに備え、日ごろからバックアップをとっておくようにしましょう。

専門業者に調査を依頼する

初期化によりデータを失いたくない、あるいはデータ流出の有無を調査したいという場合は、専門業者に調査を依頼しましょう。

社用端末として利用しているAndroidでハッキング被害が発覚した場合、個人情報保護法の観点から、企業は情報流出の有無を調査して被害実態を明らかにしたり、行政や法的機関に提出する報告書を作成する必要があります。

しかし、Androidの乗っ取り手口は日々巧妙化しており、むやみに操作してしまうと、ハッキングの痕跡が上書きされてしまい、被害の全容が掴みにくくなる恐れがあります。

ハッキング調査の専門業者では、「フォレンジック」という特殊技術を活用して正確かつ適切にAndroidスマホを調査することが可能です。なお「フォレンジック」とは、パソコンやスマートフォンの調査・解析を行う技術であり、端末内に残されたログから、ハッキングなどの不正行為や、流出情報を調査することが可能となっています。

ハッキング調査については下記の記事でも詳しく紹介しています。

◎ハッキング調査を考えている方へ(お見積りまで完全無料)

ハッキング調査をしたい方は、DDF(デジタルデータフォレンジック)にご相談ください。累計1.4万件のご相談実績(※1)があり、他社にはない11年連続国内売上No.1のデータ復旧技術(※2)フォレンジック技術を駆使してお客様の問題解決をサポートします。

「ハッキングされました」という表示・メールが出てきた
スマホに知らないアプリが入っている
不明な番号やアドレスから着信があり不安…

上記のようなご相談から調査項目/作業内容のご提案、お見積りまでは完全無料。安心してご相談ください。

24時間365日 相談受付

※1 第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2017年)
※2 累計ご相談件数14,223件を突破(期間:2016年9月1日~)

なお、ハッキングのフォレンジック調査を行うメリットは、主に次の2つがあります。

①専門エンジニアの詳細な調査結果が得られる

フォレンジック調査の専門会社では、高度な技術を持つ専門エンジニアが、正しい手続きでAndroidのハッキング被害を確認できるため、社内や個人で調べるよりも正確にハッキング被害の実態を確認することができます。

また、自社調査だけでは不適切とみなされてしまうケースがありますが、フォレンジックの専門業者と提携することで、調査結果を具体的にまとめた報告書が作成でき、これは公的機関や法廷に提出する資料として活用が可能です。

②セキュリティの脆弱性を発見し対策できる

フォレンジック調査では、Androidのハッキング経路や被害の程度を明らかにし、現在のセキュリティの脆弱性を発見することで、今後のリスクマネジメントに活かすことができます。

また弊社では解析調査や報告書作成に加え、お客様のセキュリティ強化に最適なサポートもご案内しています。

フォレンジック調査会社への相談方法

ハッキングの疑いがある場合、早めの相談で、被害が拡大する前に対処を図ることが可能です。まずは気軽にご相談ください。無料で相談・診断を承っております。

フォレンジック調査会社へ相談・依頼する際は以下のような流れで行います。なお、当社では作業内容のご提案とお見積りのご提示まで無料でご案内しております。

フォレンジック調査の流れ

社内でインシデントが発生した際、フォレンジック調査を行うかまだ決定していない段階であっても、一度専門会社へ相談するのをおすすめします。なぜなら専門的なノウハウを持たない中で自社調査を行っても、正確な実態把握ができなかったり、証拠となるデータが故意に改ざん・削除されている可能性も想定されるからです。

フォレンジック調査会社へ相談・依頼する際は以下のような流れで行います。なお、当社では作業内容のご提案とお見積りのご提示まで無料でご案内しております。

◎ハッキング調査を考えている方へ(お見積りまで完全無料)

ハッキング調査をしたい方は、DDF(デジタルデータフォレンジック)にご相談ください。累計1.4万件のご相談実績(※1)があり、他社にはない11年連続国内売上No.1のデータ復旧技術(※2)フォレンジック技術を駆使してお客様の問題解決をサポートします。

「ハッキングされました」という表示・メールが出てきた
スマホに知らないアプリが入っている
不明な番号やアドレスから着信があり不安…

上記のようなご相談から調査項目/作業内容のご提案、お見積りまでは完全無料。安心してご相談ください。

24時間365日 相談受付

※1 第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2017年)
※2 累計ご相談件数14,223件を突破(期間:2016年9月1日~)

デジタルデータフォレンジックでは、国内売上シェアトップクラスのデータ復元技術を活用し、パソコンやスマートフォンに残されたログの調査やマルウェアの感染経路調査を行っています。また、ご相談件数は警察機関や法律事務所、官公庁、上場企業から個人のお客様まで1万4,000件以上を数えます。

お困りの際はデジタルデータフォレンジックまでご相談ください。なお、証拠利用の場合、法定資料としても活用できる報告書の作成も承っております。

共通CTA