複雑化するパスワードを解除します。

DATA FORENSIC

デジタル機器の普及に合わせて、セキュリティ対策としてのパスワード設定が当たり前となっていると同時にパスワードを忘れてしまった!紛失しまった!というケースが多発しています。いずれも、機器内にあるご自身の大切なデータを取り出すために。あるいは、故人のデジタル遺品の中身を把握するために。切実な願いとも言える事態です。そこで役立つのが「デジタルフォレンジック」。当社なら、複雑化するパスワードの解析や解除を行い、機器内のデータを取り出したり、データ壊れている・消えている場合は、その復旧を行うことまで可能になっているのです。

ご注意

パスワード解析が必要になった場合、自分自身でなんとかしようとしてしまうと残っていたパスワードの手がかりが消えてしまう、機器のデータが初期化されてしまうなど、弊社での解析作業が困難になってしまう恐れがあります。ご自身で解決を図る前に、まずはご相談ください。

このような行為は絶対にしない
でください

パスワードの入力を試す

間違ったパスワードを一定回数異常入力してしまうと、パスワードの入力を受け付けない状態になってしまったり、機器の設定次第では自動的にデータの初期化が行われてしまう可能性があります。

初期化の操作

機器の初期化操作を行ってしまうとデータの復元が困難になってしまう、もしくは復元不可能になってしまう可能性もあります。

市販のパスワード解除ソフトの使用

市販のパスワード解除ソフトを使用してしまうと弊社作業でパスワード解除が困難になってしまう、もしくはデータ初期化が行われる場合もあります。

パスワード解析のご相談内容

一言でパスワード解析といっても解析が必要になった経緯や、その先の目的などは様々です。弊社へのパスワード解析のご相談内容でも多いものをいくつかご紹介します。

パスワード解析でよくあるご相談内容

1お子様の操作によりパスワードロックが掛かってしまった。

2ご遺品のデジタル機器のロックを解除して生前のデータを確認したい。

3 退職者のパソコンにパスワードが掛かっているためロックを解除して不正調査をしたい。

4使っているパスワードが多すぎて忘れてしまった。

5ロックされたデジタル機器のデータを証拠として確認・抽出をしたい。

パスワード解析とは

パスワードのロック解除には専門技術が必要

一般的には、ネットで目にする「ロック解除対策」「パスワード解除ソフト」などがありますが、それらはあくまで初歩的なものであったり、信憑性に欠けるものがほとんどであり、ご自身でむやみに試してしまうと解析がより困難な状態になる可能性があります。ここでは、私たちのようなプロでしか持ち得ない専門知識をいくつかご紹介していきます。

Method1

ブルートフォースアタック

Method2

リバースブルートフォース攻撃

Method3

パスワードリスト攻撃

Method4

ディクショナリアタック

Method5

レインボーテーブル