フォレンジック

コンピュータフォレンジックとは? デジタル機器から証拠を確保する調査手法

コンピュータフォレンジックとは? デジタル機器から証拠を確保する調査手法

コンピュータフォレンジックとは、コンピュータやサーバ、ハードディスクなどに残されたデータから「法的な証拠性」を確保する調査手法のことです。この記事では、コンピュータフォレンジックがどのように活用されているのか、調査手法や調査のためにやってはいけないことを紹介します。

1.コンピューターフォレンジックとは

コンピュータフォレンジックとは、コンピュータやサーバ、ハードディスクなどに残されたデータから「法的な証拠性」を確保する調査手法のことです。この技術は、たとえば訴訟などで必要な証拠の確保をはじめ、企業の社内調査や、警察の鑑識調査などにも応用されています。

なお、コンピュータフォレンジックを行う際は、データの改ざん・編集等が行われていないことの証明も必要となります。

データ復旧の技術も活用される

フォレンジック調査に必要なデータは、場合によって消去、もしくは初期化されているケースがあります。そのため、証拠となり得るデータを収集し、コンピュータフォレンジックの調査をより円滑に進めるためには、ログの調査だけでなくデータ復旧も含めた技術が必要になります。

2.コンピュータフォレンジックで出来ること

デジタルデータを法的証拠として使用できる

パソコンやサーバ、スマートフォンに残されたデータは、未整理のままだと法的な証拠性を有しませんだからといって、企業の情報システム担当者などが社内で機器の操作やログ調査を行うのは難易度が高く、また法的な証拠性を担保していないため第三者への報告として不適切とされるケースがあります。

そこで、有効な手段がコンピュータフォレンジックです。
コンピュータフォレンジックでは、専門エンジニアが正確な手法でデジタルデータを保全・分析することで、法的な証拠性を確保した調査報告書の作成が可能です。なお、この報告書は法廷資料としても活用できます。

コンピュータフォレンジックが活用される主なインシデント

コンピュータフォレンジックが活用される事例としては、以下のようなものがあげられます。

退職者が退職直前に私用のメールアドレスへ顧客情報を転送し、持ち出した疑いがある
社内で横領事件が発生し、対象者のパソコンやスマートフォンから実態を確認したい
・残業代の申請が妥当かを判断するためにパソコンの履歴から社員の勤怠状況を調査したい

3.コンピュータフォレンジックの手順

コンピュータフォレンジックは、基本的に以下の流れで行います。
調査期間は内容や対応する業者によって大きく異なるため、相談時に確認が必要です。

特定

調査に入る前に、事前準備を行います。対象となるデータやインシデントの状況を整理・把握し、対象となる調査期間や機器を特定し調査を行う体制を整えます。

証拠保全

データの証拠保全を行います。証拠保全とは、データの改ざん・編集を行うことなく調査対象の機器から抽出された情報を元に調査を行ったことを証明するために行う作業です。
証拠保全の際に活用されるのがファイルに付随するハッシュ値と呼ばれる値です。ハッシュ値はファイルデータがわずか一部でも変更されれば全く異なる値に変わってしまいます。このため、作成したコピーと調査対象の機器のハッシュ値が同一であれば、データが改ざんされていないと証明することができます。

データの解析・分析

収集したデータを適切な手順で解析・分析し、証拠となりうる情報を抽出します。なお、収集したデータが暗号化されていたり、消去されている場合は、当社においてはデータリカバリー技術を用いて複合化やデータ復元を行います。

報告

調査結果の全容を整理して、第三者機関に提出可能な報告書を作成します。
当社デジタルデータフォレンジックでは、調査期間は最短数日からで、現地への駆け付け対応のほか、お急ぎの場合は特急対応も承ります。

フォレンジックサービスの概要や費用、調査期間など、お気軽にお問い合わせください。

4.やってはいけないこと

フォレンジック調査を円滑に進めるにあたって、以下の行為は絶対に行わないようにしてください。証拠の確保が困難になってしまう恐れがあります。

自力でデータをコピーする(複製行為)

一般の方が外付けHDDなどにデータのコピーをとっても、そのデータは客観的な証拠として認められないケースがあります

調査対象機器の継続使用

電源の入り切りを行うなど、機器の使用を続けることでデータの保存状況が変化します。特に削除データを復旧したい場合には一刻も早く対応することが重要です。

市販のデータ復旧ソフトを試す行為

無料のソフトやツールを試してしまうと、フォレンジック調査やデータの復旧を行う際に難易度が上がり、時間もコストも無駄になってしまいます。

5.フォレンジック調査会社への相談方法

フォレンジック調査会社へ相談・依頼する際は以下のような流れで行います。なお、当社では作業内容のご提案とお見積りのご提示まで無料でご案内しております

\24時間365日 相談受付/

調査をするか決まっていない場合でも、迷ったらまずは相談をおすすめします

社内でインシデントが発生した際、フォレンジック調査を行うかまだ決定していない段階であっても、一度専門会社へ相談するのをおすすめします。

取引先や行政等へ報告が必要な場合、 自社調査だけでは信憑性が疑われ、場合によってはさらなる信用失墜につながる危険性があります

また、専門的なノウハウを持たない中で自社調査を行っても、正確な実態把握ができなかったり、場合によっては証拠となるデータが故意にもしくは意図せず改ざん・削除される恐れがあります。そのため、まだ調査の実施が未確定の場合であっても、今後のプロセス整理のためにもまずは実績のある専門会社へ相談しましょう。

フォレンジック調査については下記の記事でも詳しく解説しています。

フォレンジック調査
フォレンジック調査とは | その役割とメリット、活用事例、手順など徹底解説デジタルフォレンジックとは?メリット・活用例・実手順などを紹介。デジタルデータフォレンジック(DDF)では、デジタル機器から法的証拠を見つけ、裁判証拠として活用できます。当サービスはデータ復旧11年連続国内売上No.1、復旧ご相談件数約29万件、データ復旧率95.2%の実力を活かしたフォレンジックサービス。 ...

デジタルデータフォレンジックでは、国内売上シェアトップクラスのデータ復元技術を活用し、パソコンやスマートフォンに残されたログの調査やマルウェアの感染経路調査を行っています。また、ご相談件数は警察機関や法律事務所、官公庁、上場企業から個人のお客様まで1万4,000件以上を数えます。

お困りの際はデジタルデータフォレンジックまでご相談ください。なお、証拠利用の場合、法定資料としても活用できる報告書の作成も承っております。

共通CTA