フォレンジック

【浮気調査】浮気・不貞行為のデジタル証拠を確保する方法

浮気調査方法

パートナーに浮気・不貞行為の疑いがある場合、端末上のデジタル証拠を確保することは、慰謝料の請求、ならびに親権を勝ち取る上で非常に有利となります。

しかし、デジタルデータは容易に削除、改変されるため、法的証拠として立証するには、第三者が客観的に把握できるものとして再現しなければなりません

この記事では、浮気調査の証拠として使用できるデータ、および調査方法を紹介します。

証拠として使用できるデータ

調査方法を選ぶ際には、下記のようなデータが有力な証拠となります。

写真や動画ファイル

ラブホテルに出入りしている、もしくは性行為やキスなど、明確に不貞関係とみなされる写真や動画ファイルは、動かぬ証拠となります。

ただし、このような決定的データは、削除されてしまっていることも多いため、端末が確保できる場合は、専門業者で削除されたデータの復旧を行う必要があります。

デジタル端末の位置情報

スマートフォンの位置情報や、パソコンのネットワークアクセス履歴を調査することで、浮気相手と会っている場所や時間が確認できる場合があります。

電話やメールの発着信履歴・チャット履歴

電話、メール、チャットの発着信履歴を調査することで、浮気相手とのやりとりを証明できる場合があります。

浮気調査の方法

以下では、浮気調査の方法を紹介します。浮気調査の方法は主に三つに分けられます。

自力で浮気調査をする

自力で浮気調査をする方法としては、下記のようなものがあります。

  • 財布の中身を確認する
  • カードの利用明細や給与明細をチェックする
  • ロックされていないスマホやPCをチェックする
  • 寝室やリビングなどの共有スペースをチェックする
  • 夫婦共有の財産(家、自動車など)にGPSや盗聴器を設置する
  • 婚姻関係があるうえでの尾行、撮影、張り込み

しかし、個人で自力で調査する際、尾行や端末の無断閲覧等を行うと、相手に気づかれてしまったり、「不正アクセス禁止法」「ストーカー規制法」などに抵触することがあります。また、そうした行為そのものが、裁判では不利に働くこともあるので注意しましょう。

特に、下記の行為は、法律に抵触したり、不利に働きやすい行為となります。

勝手に相手のスマホやPCを操作する(改ざんが疑われることをする)

勝手に相手のスマホやPCを操作する行為は、プライバシー権や不正アクセス禁止法に抵触する可能性があります。

  • 勝手にスマホのパスコードを解除する
  • 解除後にSNSやメールの中身を勝手に閲覧する
  • 位置情報共有アプリを勝手にインストールする

また、勝手にパートナーのスマホを操作すると、法的機関から「自らを有利にするため改ざんしたのでは?」と疑われやすく、かえって裁判では不利になる可能性があります。

盗撮・盗聴・位置情報の特定

許可なく勝手に盗撮したり、パートナーの衣服にGPSを仕掛けることは、法律に抵触する恐れがあります。例外として、夫婦で共有しているものや場所(車やリビングルーム)にGPSやボイスレコーダを仕掛けることは、法律上はグレーのため、許容されることがあります。

探偵に調査依頼する

探偵に浮気調査をする場合、張り込みや、証拠獲得のための写真・動画撮影などで有力な証拠が手に入る可能性があります。

しかし探偵は各人によって費用や能力が大きく異なり、選定に難航する場合があります。また、データ復元の技術を持ち合わせていないため、デジタルデータの解析は対応ができず、決定的な証拠は入手できないことがあります。探偵を選ぶ際は、この点に注意しましょう。

専門業者に調査依頼する

破壊されたデジタル機器や、削除データ・メッセージの復元は、個人の範囲だと困難です。このような場合、専門業者に「フォレンジック調査」を依頼するという方法があります。

フォレンジックとは、デジタル端末からデータを調査する調査手法であり、デジタル機器が破壊されていたり、メッセージの履歴が削除されている場合でも、データを復元することで、失われた証拠も集めることができます。

また、メッセージのやり取りやGPSの位置情報など、デジタルデータは「単体」だと、法的な証拠としては弱いのですが、フォレンジック調査では、法廷に提出できる調査報告書にまとめあげることで、裁判で使える最も有利な証拠の1つになります。

なお、専門業者に依頼する際、「むやみにパスワードを入力」「市販のパスワード解除ソフトの使用」「電源の入り切りの繰り返し」などの行為を行うと、端末が初期化されてしまったり、うまくデータ復元ができなくなったりする恐れがあるので注意が必要です。

浮気調査でお困りならDDFへ

デジタルデータフォレンジック(DDF)では、フォレンジック調査ならびにデータ復旧サービスで蓄積してきた豊富な経験と技術力をもとに、削除・破損したデータでも復元・修復して、証拠を確保することが可能です。

また、証拠利用の場合、法廷資料としても活用できる報告書の作成も承っております。詳細については、まず専門アドバイザーにまでご相談ください。

フォレンジック調査の流れ

フォレンジック調査会社へ相談・依頼する際は以下のような流れで行います。なお、当社では作業内容のご提案とお見積りのご提示まで無料でご案内しております。

\24時間365日 相談受付/

デジタルデータフォレンジックでは、国内売上トップクラスのデータ復旧技術を活用し、パソコンやスマートフォンに残されたログの調査やマルウェアの感染経路調査を行っています。また、ご相談件数は警察機関や法律事務所、官公庁、上場企業から個人のお客様まで1万4,000件以上を数えます。

お困りの際はデジタルデータフォレンジックまでご相談ください。なお、証拠利用の場合、法廷資料としても活用できる報告書の作成も承っております。

共通CTA