事例集 | データ復旧事業「2007年〜2017年、11年連続国内売上NO.1(上位10社の信用情報調査による)」
退職者による横領や情報漏えいなどの不正調査・証拠収集なら、DDFにお任せください!

事例集

  1. HOME
  2. 事例集

Case1

1.調査背景・依頼内容

係長代理がライバル企業へ転職。在職中は拠点の事務局責任者を務め、会社の情報を全て把握できていた。
各拠点毎の業務を担当し、労働組合も立ち上げて活動していた。ご相談時点で対象者が横領していることはすでに発覚しており、裏帳簿を作成している疑いがあった。
会社に報告する数字データはサーバーで管理し、基本的にローカルに保管はしておらず、USBの接続も社で禁止しているとのことであった。

2.ご提案・作業内容

対象社員のパソコンに対し、「証拠保全」と「削除データ復旧」をしたのち、外部への情報持ち出し(USBの接続履歴、クラウド等の使用履歴)の調査解析を実施。

3.調査結果

調査の結果、複数のUSBメモリが接続されており、ファイルが転送されていたことが判明。
外部デバイスに保存しているファイルのなかに、顧客リストのExcelファイルがあり、情報を転職先へ持ち込んでいる可能性がある旨を調査レポートにまとめてご報告。

Case2

1.調査背景・依頼内容

退職した社員がほとんどのデータを削除している。
メールの他にも外付けHDDやスマートフォンのデータも削除されている。
不正を行っていた可能性もあるため当社へ調査をご依頼。

2.ご提案・作業内容

退職者が使用していた機器の「証拠保全」と「削除データ復旧」を行う。
その後、メールの送信履歴や、情報を持ち出す際に使用する可能性のある外部接続機器、クラウドサービスの利用履歴も調査をご提案。

3.調査結果

調査の結果、退職者の私用アドレス宛てに見積書や顧客リストを送信していたことが発覚。調査結果をレポートにまとめてご報告。