デジタル機器から退職者の不正を暴きます!フォレンジック調査のDDF | 事実認定、証拠収集などでお困りなら、DDFにお任せください!

退職前の社員には要注意

  1. HOME
  2. 退職前の社員には要注意
退職前の社員には要注意

企業にとって顧客や経営の情報漏えいを防ぎ、信用を守ることを必須です。
しかし、外部の脅威には敏感でも、内部犯には気がつきにくい傾向があります。
ここでは、退職者が起こす情報漏えいについて、対策を考えていきましょう。

どうして退職する社員がデータを持ち出すのか

情報保護の重要性が高まるにつれ企業のセキュリティへの意識は強まっています。
しかし外部からは侵入しにくいシステムも社員からすれば簡単に閲覧できてしまう落とし穴があります。
もちろん多くの社員は情報漏えいを犯して会社にダメージを与えようとは考えないでしょう。
しかし退職が決まっている社員は会社のデータを持ち出し、時には悪用することすらありえるのです。
退職者が情報漏えいを行う動機はさまざまです。
まず今後の自分のキャリアに利用したいと考える人間が多くみられます。
新しい職場で、これまでの顧客リストが転用できる場合、ついデータを持ち出してしまおうと考える人は珍しくないでしょう。
会社に対してなんらかの恨みがある人間も情報漏えいを行う可能性があります。
たとえば自主退職に追い込まれたり、上司を憎んでいたりした社員は退職の際に復讐を企ててもおかしくありません。
彼らは会社に損害を与えるためにデータを利用しようとするのです。
またセクハラやパワハラの証拠としてデータを持ち出そうとする社員もいるでしょう。
しかし、いかなる理由があれ情報の持ち出しは違法行為であり、対策を練る必要があります。

退職者が情報漏えいを行う動機

今後の自分のキャリアに利用したい
会社に対して何らかの恨みがある
セクハラやパワハラの証拠

企業内だけの情報漏えい対策は不安?

企業内では社員に対しても情報閲覧の権限を設けるなどして、データ流出の対策はとっています。
しかし実際に対策がどれほどの効力を持っているかは疑問を残します。
まず同じ企業内の人間であれば、いくらでもシステムに侵入できるチャンスはあります。
中にはパスワードさえ判明すると簡単に見られるデータもあるでしょう。
また社内の中でトップセキュリティ扱いされているデータだけが、流出して打撃になるとは限りません。
たとえば顧客リストと売り上げ状況などは役職のない社員でもすぐに確認できるでしょう。
そして、これらのデータがエクセルやPDFで管理されている場合、USBメモリ1個で簡単に取り出せるのです。
退職者がいつまでもシステムに侵入できないよう一般的な企業はすぐに退職者の個人情報を消去しようとします。
しかし仮に犯人が退職するかなり前からデータを持ち出していたとしたら退職者の情報を消すことが証拠隠滅のサポートにもなりえるのです。
企業内だけで情報漏えい対策を行うには限界があります。
専門家に相談してみるのもひとつの方法でしょう。

情報漏えいを防ぐには外部サービスの検討も

退職者による情報漏えい対策にはデータ復旧事業で有名なDDSが実施しているフォレンジックサービス、DDFがおすすめです。
DDFの決め手となるのは「データ復元技術の高さ」です。
データ流出において犯人はシステム上の痕跡を消去し自分に疑いが向かないように工夫します。
しかしDDFはデータを復元して犯人の証拠をつかみます。
また迅速に失われたデータを普及し経営におけるダメージを最小限に抑えます。
退職者の調査においてもDDFは活躍します。
どんなに信用できる人物でも退職の際には使用端末の調査を行いましょう。
DDFはパソコンによってどんなデータが閲覧され万が一、持ち出しが有った場合は何が失われたのかを解明します。
パソコンを初期化する前にDDFに1度調査依頼をかけてみましょう。
1度データが流出してしまうと経営に支障をきたすだけではありません。
「情報が漏えいした会社」という汚名を着せられ顧客からの信用だけでなく社会的信用を失うリスクが生じます。
そして失われた信用はすぐに取り戻せません。

DDFは企業の安全な未来のために
大きく貢献してくれるサービスなのです。

DDFは企業の安全な未来のために大きく貢献してくれるサービスなのです。