デジタル遺品とは

デジタル遺品の中には
緊急を要するものもある

ネットバンクの口座情報や、株式・FXなどの運用情報は、遺産相続に影響することはもちろん、場合によっては多額な負債が発覚したり、放置して運用損失が拡大する危険もあります。また、 毎月課金されるオンラインサービスなどをご遺族が知らずに放置してしまうと、無駄なお金が継続的に流出することにもなります。したがって、デジタル遺品は放置せず、当社にご相談ください。さて、ここでは、当社がどのようなご相談に対応できるのか、それぞれのケースなどに会わせて記載いたします。

ご遺族のみなさま

故人の株式・FX・ビットコイン・ネットバンク等の資産運用情報から、メールやチャット・SNSの内容、事件や事故、お亡くなりになった原因などの真実を知りたい方。
例えば、
・パスワードがかかっていて、パソコンやスマートフォンの中身を確認できない。
・遺品の機器が壊れていて、データを確認する事ができない。
・デジタル機器に不慣れなので、中身を全て調査してほしい。
などのご相談に対応いたします。

弁護士のみなさま

クライアントから、裁判で決定的な事実(証拠)となるデータを、故人のデジタル機器から取得して欲しいと依頼を受けた場合など。
例えば、
・親や親族からの遺産相続で故人のスマートフォンからデータを抽出したい。
・交通事故で壊れてしまった機器からデータを復元した場合の費用について。
・労災で亡くなった家族の裁判で、証拠となるデータを取得したい。
などのご相談に対応いたします。

捜査関係者のみなさま

犯罪捜査において、重要な手がかりや証拠となるデータを故人のデジタル機器から探し出す必要がある場合など。
例えば、
・横領に関与した疑いのある故人のパソコンから、明確な証拠を抽出したい。
・会社で情報漏洩・流出が起き、関係するパソコンのデータを全て確認したい。
・行方不明となっている為、遺されたスマートフォンから手がかりをつかみたい。
などのご相談に対応いたします。

遺品整理業者のみなさま

故人の遺品の中に、古いパソコンや記憶メディアがあり、クライアントからどのように処理したら良いか相談を受けた場合。
例えば、
・破砕処理をする前にデータを確認したいが機器が壊れていて確認できない。
・ビデオカメラの中のデータが壊れているので復旧したい。
・必要なデータだけを抽出したいが、どこへ依頼したら良いかわからない。
などのご相談に対応いたします。

葬儀業者のみなさま

葬儀にかかわることで、パスワードがかかっている故人のデジタル機器にアクセスしたいと相談を受けた場合など。
例えば、
・エンディングノートがパソコンに保存されているが、パスワードを聞いていなかった。埋葬方法など至急確認したい。
・遺影を故人の写真アルバムから選びたいがロックがかかっていて開けない。
・遺産整理でパソコンなどの中身を正式な文書で取得したい。
などのご相談に対応いたします。