横領を防ぐには | データ復旧事業「2007年〜2017年、11年連続国内売上NO.1(上位10社の信用情報調査による)」 横領・着服の証拠収集などでお困りなら、DDFにお任せください!

横領を防ぐには?(不正のトライアングル)

  1. HOME
  2. 横領を防ぐには?

横領のような不正行為が社内で起こらないようにしたい…
そう頭を悩ませている経営者の方も多いのではないでしょうか。
社内で起こる不正に関してはその要素と対策に関する研究が行われています。
そこで今回は不正を防止するために知っておくべきポイントについてご紹介します。

不正行為のトライアングルとは?

横領のような不正が起こる場合には3つの要素があるといわれています。 アメリカの犯罪学者であるD.R.クレッシー(1919-1987)がさまざまな 犯罪者を調査して「不正のトライアングル」 理論を導き出しました。 その理論によると不正行為は「動機」「機会」「正当化」という3つの 不正リスク要素がそろったときに起こると されています。 これは公認不正検査士の会員組織である ACFE(Association of Certified Fraud Examiners)の 教育体系にも取り入れられている理論です。

不正行為のトライアングル

不正行為をしそうな人はどんな人?

横領というケースに限って見た場合、不正を行いそうな人はお金の問題に関して 「不正のリスク」の3要素を持ち合わせている人です。
まずは「動機」として「お金に困っている」「金銭上のトラブルを抱えている」 「不正を行うことで利益を上げる」などが挙げられるでしょう。
そのほか仕事上であまりに高い目標を課せられている人も、その目標達成のために不正を行ってしまう可能性があります。
また「機会」としては発注者と検収者が同じであるなど、 すべての業務をひとりで担当しているため第三者によるチェックの入らない人が挙げられます。
あるいはそのようなチェックにおける盲点を知り尽くしている人も「機会」を持っているといえるでしょう。
実際中小企業では社員数が足りないため、ひとりで複数の業務をこなすことが多くなる傾向で危険性としては高まります。
最後に「正当化」の要素としては会社に不満を持っている人ほど自分を正当化しやすいです。
「サービス残業を強いられている人」「経営者や他の社員達も会社のお金と個人のお金を公私混同している場合」などは 「このくらいなら構わないだろう」というように考えがちなので注意が必要といえます。

どのように対策をとればいいの?

不正行為に3つの要素があるということは逆にいうと3つのうちのどれか1つでも欠けていれば 不正は行われないということでもあります。
そのため不正に対する対策としては「動機」「機会」「正当化」が起こりにくい環境を整えることが大切です。
3つの要素の中でも特に取り組みやすいのは「機会」の排除です。
「機会」の排除には内部監査の導入が効果的な対策方法となるでしょう。
内部監査を行うことによって業務内容を改善したり、 業務が正確に行われているかどうかをチェックしたりすることができます。