ご注意

このような行為は絶対にしないでください

自分たちでデータをコピー(複製行為)は、しないでください。

「保全」は適切なステップを踏んで行う必要があります。一般の方が外付けHDDなどにデータのコピーをとっても、そのデータは、証拠としては認められません。ご自身や会社内でコピーをとる前に使用を中断し、ご相談ください。

調査対象機器の使用を続けるのは、止めてください。

電源の入り切りだけでも、データの保存状況が変化してしまいます。削除データを復旧する場合には、一刻も早く対応することが重要です。くれぐれも対象機器の使用は避けてください。

市販のデータ復旧ソフトを試す行為は、避けてください。

無料の復旧ソフトなどを試してしまうと、当社で復旧・調査を行う際に難易度が上がり、時間もコストも無駄になってしまいます。市販のソフトや装置などは一切使用せず、ご相談ください。