画像解析 DDF
画像解析 DDF
どうすればいいの?パスワードを忘れてしまった!紛失してしまった!というケースが多発しています。
どうすればいいの?パスワードを忘れてしまった!紛失してしまった!というケースが多発しています。

 デジタル機器の普及と合わせてセキュリティ対策も各社しっかりとパスワード設定がされるようになりました。例えば、パソコンの起動に必要なログインパスワードや、SNS、メール等々…色々と使えば使うほど増えていくパスワード。
 しかし、最近は保護をさらに強固にするために、定期的なパスワード変更を求める意見などもあり、長年使っていたパスワードを変更した・・・けど、それを記録し忘れてログインができない。や、色々とパスワードの数が多すぎて忘れてしまったり、メモ帳に入力してあったパスワードが消えてしまったり、間違えて削除してしまったり、変更したパスワードを複雑にし過ぎてしまい、分からなくなってしまうケースなどでログインが出来なくなってしまったというお問い合わせが急増しております。
 特に困るのが利用しているサービスなどのログイン情報を忘れてしまったり、最近では、ビットコインやFXなどの金融機関などサイトで決済ができなくなってしまったりというケースが非常に多くなっています。パスワード忘れ、紛失、削除などで日常の生活や業務に支障をきたししまう場合は、ご自身で色々と作業をしてしまうことで逆に設定に悪影響を及ぼす場合もありますのでまずは操作を止めてご相談下さい。

パスワードを忘れてしまった!紛失してしまった!
仮想通貨サイトのPASSを忘れてしまった!間違ったPassで何度もログインしてロックが掛かってしまった!
仮想通貨サイトのPASSを忘れてしまった!間違ったPassで何度もログインしてロックが掛かってしまった!

 昨今、テレビCMやメディアでも大きく取り上げられ賑わっているビットコインなどの仮想通貨市場。
 お金にかかわることなので、特にセキュリティに対する意識が高まり、パスワードを定期的に変更する、ハッキングなどの情報漏洩を懸念し、複雑化するなど色々と取り組まれている方が増え、その際に大切なパスワードを忘れ、紛失、削除などをしてしましログインができないという問題が多発しています。この仮想通貨の世界ではウォレットのパスワードを忘れてしまった・・となると、資産へのアクセス権を無くすことを意味してします。大切な金融資産は、ご自身で責任を持って管理を行わなければならないのですが、ここ最近多くなっているのが「PASS忘れ」です。海外のサイトなどで資産運用、管理をしている方が非常に多くなっており、言語の問題や時差の問題で紛失の問合せをしても一向に返信がなかったり、全く音沙汰がないとうケースもあったりとか・・・。 ご自身の資産アクセスができないとなると誰にも復活することはできないのです。こうなってしまった場合は、あれこれ操作はせずに状況をご相談下さい。

仮想通貨のPASSを忘れた
お客様の声
退職した社員が意図的にパソコンにBIOSロックなどをかけるケースが多くあります
退職した社員が意図的にパソコンにBIOSロックなどをかけるケースが多くあります

 退職した社員が、パソコンにパスワードかけてそのまま辞めてしまう・・という意図的なケースも最近では多発しています。ログイン時のパスワードと言っても色々なケースがあり、例えば、利用時の通常のログインパスワード、BIOSへのパスワードロックや、はたまた、HDDそのものにパスワードを仕掛けるなど、最近ではかなり巧妙な手口を仕掛けているケースがあるようです。
 こういう場合は確実に悪意がありますので、その機器自体に知られたくない情報や操作ログがあることは間違いないと予測がつきます。このような特殊なケースであっても、状況によってはパスワードの解除ができる可能性はございますのでご安心下さい。しかし、独自の判断で試行錯誤したり、また、最近ではネットで目にする「ロック解除対策」などがありますが、操作内容については信憑性に欠けてしまい、解除できるものが出来なくなってしまうという最悪のケースもあり得ますので先ずはご連絡をください。

退職した社員が意図的にBIOSロック!
パスコードロックについて
パスコードロックについて パスコードロックについて パスコードロックについて パスコードロックについて パスコードロックについて
パスワードロック解除は専門的な技術が必要となります。
パスワードロック解除は専門的な技術が必要となります。

ブルートフォースアタック

   ブルートフォースアタック総当たり攻撃とは、暗号や暗証番号などで理論的にありうるパターンをすべてを入力し、解読する暗号解読法です。すなわち、人間による操作では不可能な、膨大な回数の計算をコンピュータにまかせ、時間の許す限りパスワードの検証等を行う行為を指します。この方法は、時間的制約が無ければ確実にパスワードをクラックできます。
 イメージとしては、自転車のチェーンロックやトランクの番号合わせ式錠を、全ての番号の組み合わせ(4桁なら0000から9999まで)について片っ端から試す方法と同じで、全部の組み合わせを試せば理論的にはいつか正解にたどり着く、というわけです。どのような形態の暗号に対しても攻撃できますが、鍵の長さが増えると考えられる鍵のパターンの数は幾何級数的に増大しますが、時間さえかければ有効な方法であると言えます。

ブルートフォースアタック

リバースブルートフォース攻撃

 リバースブルートフォース攻撃とは、総当たり攻撃の変形です。通常の総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)は、IDを固定し、パスワードをいろいろ試す、という攻撃方法であるのに対し、リバースブルートフォースアタックは、パスワードを固定し、IDをいろいろ試す、という攻撃です。特徴として、ユーザが任意のIDやパスワードでログインできるサイトは、比較的容易に突破可能です。これは、「ニックネームをIDの文字列に利用している傾向がある」「複数のブログ等でプロフィールに一致する内容が存在する」などの理由で、IDが想像しやすいからです。例えば、攻撃に使われるパスワードは単純な文字列で、「admin」や「123456」「password」などの文字列が選ばれます。ユーザーIDは「0001」「0002」「0003」「0004」などのように連続した文字列を順番に試行する場合や、「satou」「suzuki」「takahashi」などのように、辞書などによく載っているような(ユーザー名に用いられやすい)文字列を試行する場合などがあります。

リバースブルートフォース攻撃

パスワードリスト攻撃

 あらゆる方法で入手したIDとパスワードの一覧(リスト)等を使い、攻撃対象サイトへログインを試行する攻撃方法になります。別名称で「リスト型攻撃」「リスト型アカウントハッキング」とも言われます。これは、「ユーザがIDとパスワードを使いまわしているのではないか」との推測のもとに実行されます。単純な総当たり攻撃とは異なり、既に利用されているIDとパスワードを用いて攻撃を行うので、攻撃者は効率を上げることができます。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および警察庁から注意喚起が発表されておりましたが、2013年にはパスワードリスト攻撃により国内の大手ポータルサイト、オンラインショッピングサイトなどが次々に攻撃を受け、サイト利用者のアカウントを用いた不正なログインが発生する被害が報道されています。

パスワードリスト攻撃

ディクショナリアタック

 辞書にある単語を片端から入力して試すというもので、そのまま入力するだけでなく大文字と小文字を混在させたり数字を加えたり、辞書や人名録などのリストに載っているような既存の単語や、それらの組み合わせした処理も加えて実行するものが多くなります。
 辞書の内容は単語、人名、地名、暦生年月日、住所録などです。その他入力系アルゴリズム(例えばQWERTYなどのキーボード配置)、文字列節アルゴリズム(単語と単語の間に-_.,などの記号を用いる)などが含まれてます。
 多くのユーザーはパスワードは忘れると困るので、記憶しやすいように意味を与えます。アニメのキャラクターの名前、映画タイトル、記念日、音楽バンドの曲名だったりです。ディクショナリアタックはその意味のあるパスワードをユーザーが設定しやすいということを逆手に取ったクラッキング手法になります。
 何万語も収録された辞書でも、コンピュータに自動処理をさせれば短時間で入力できるため、基本的なパスワード破りの手口として用いられています。

ディクショナリアタック

レインボーテーブル

 ハッシュから平文を得るために使われるテクニックの一つで、特殊なテーブルを使用して表引きを行うことで、時間と空間のトレードオフを実現しています。
 レインボーテーブルの基本的な考え方は、非常にシンプルで、このハッシュだったら平文はこれですよというのを事前に用意しておきましょうという事です。
 例えば人気パスワードランキング位5件のパスワードに付いてもしこのハッシュだったらこの平文です。というのをテーブルになります。
 左の表はハッシュ値と、平文のセットを持ったテーブルです。
 もし、ハッシュが「5f4dcc3b5aa765d61d8327deb882cf99」であった場合、一発でパスワードが[password]であることが分かります。これを様々な文字列を総当りでやっていく手法になります。

 レインボーテーブルは事前にテーブルにたくさんのデータを入れておかなくてはならず、また、その中で比較を行うのに時間はかかります。レインボー攻撃の対策としては、パスワードを長くし、英数字を組み合わせることや、 長時間同じパスワードを使用しないことなどが重要になります。

レインボーテーブル
パスワードが開場できると言うことは…スマホ・パソコンの乗っ取りやハッキングの危険があります!
パスワードが開場できると言うことは…スマホ・パソコンの乗っ取りやハッキングの危険があります!

 ハッキングによるパスワード流出や、データ改ざん・破壊などの被害が年々増加しています。パソコンやスマホに登録しているパスワードが、何らかの手によっ流出してしまい被害が出るケースも多発しています。
 日本国内では大きなニュースには上がっていませんが海外では金融機関へのハッキング行為で信じられないほどの額が被害にあっています。
 あなたの金融資産、個人情報なども対象となっているのは間違いありません。
 このハッキング行為に関しては、「マルウェア」というウィルスに感染している場合の流出や乗っ取りをされる危険があります。 DDFでは、あなたが使用しているスマホ、パソコンなどがマルウェアに感染しているかどうか、乗っ取られていないかなどを調査することができます。

乗っ取りやハッキングの危険が!
まずはお電話で概算見積もりをご案内できます。
 お電話いただければ、専門のアドバイザーがお客様の状況を伺い、概算と見積もりを納期をお電話にてお伝えいたします。
その後、機器を来社お持ち込み、ご発送いただければ、無料にて正確な見積もりをお出しできます。
金額が気になる方は、まずはお電話ください。
お問合せ DDF 0800-817-2267
お問合せ DDF 0800-817-2267
画像解析 DDF

フォレンジックの活用分野は、法廷での立証をはじめ、多岐にわたります。

 フォレンジックの活用分野は、法廷での立証をはじめ、不正や犯罪の調査、インシデント・レスポンス(セキュリティを脅かす事象を特定し、適切に対処すること)、e-Discovery(電子証拠提示制度)など、多岐にわたります。そのため、消去や改ざんが容易なデジタルデータの特性に対応して、消されたり失われたりしたデータを復旧する技術や、データが捏造されたものかどうかを検証する技術、また、記録の段階でデータが改ざんできないよう工夫したり、ハッシュ値で同一性を証明する技術など、高度な技術や法的なノウハウが必要となります。
「フォレンジック調査」 DDF
画像解析 DDF
会社概要
会社名 デジタルデータソリューション株式会社/ DIGITAL DATA SOLUTION INC
サービス名 デジタルデータフォレンジック
株主 熊谷 聖司
岩本 博
NVCC7号投資事業有限責任組合
(運営者:日本ベンチャーキャピタル株式会社 https://www.nvcc.co.jp)
株式会社ラック
(敬称略)
上記4者にて、株式を100%保有
役員一覧 代表取締役社長  熊谷 聖司
取締役  谷内 周平
取締役  吉田 大輔
取締役  上谷 宗久
取締役 (社外取締役) 安藤 隆春
監査役  佐々木 修
監査役 (社外監査役) 上野 亨
監査役 (社外監査役) 小林 卓司
監査役 (社外監査役) 松本 高一
設立年月日 平成11年6月14日(20期目)
決算月 8月
資本金 7,000万円
従業員数 109名
電話 フリーダイヤル:0800-817-2267
(電話対応時間 24時間)
代表番号03-6264-1515
FAX 03-6264-1520(24時間対応)
主要取引先 グーグル株式会社  http://www.google.co.jp
ヤフー株式会社 http://www.yahoo.co.jp
キヤノンシステムアンドサポート株式会社 http://www.canon-sas.co.jp
NTT東日本株式会社 http://www.ntt-east.co.jp
三井住友銀行 http://www.smbc.co.jp
みずほ銀行 http://www.mizuhobank.co.jp
三菱UFJ銀行 http://www.bk.mufg.jp


(順不同 敬称略)
情報セキュリティ 国際標準規格 ISO27001/ISMS取得
財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)によるPマーク取得
第三者と機械による厳重なセキュリティチェックを実施
事業内容 データ復旧事業 (https://www.ino-inc.com)
データバックアップ復旧事業 (https://www.digitaldatabackup.com)
フォレンジック復旧事業 (https://digitaldata-forensics.com)
ワランティ復旧事業 (https://www.digitaldata-warranty.com)
加盟団体 デジタル遺品研究会 https://www.lxxe.jp/
デジタル・フォレンジック研究会 https://digitalforensic.jp/