情報漏えいの方法 | データ復旧事業「11年連続国内シェアNO.1」 情報漏えいの証拠収集などでお困りなら、DDFにお任せください!

情報漏えい調査の方法

  1. HOME
  2. 情報漏えい調査の方法
情報漏えい調査の方法 インターネットを利用し、大量のデータを扱うのが当たり前の世の中だからこそ、情報漏えいに対する意識は強く持つよう求められています。
ここでは、万が一、情報漏えいが起こっても早期解決できるような調査方法について解説します。

内部犯は簡単に情報漏えいを行えてしまいます!

情報保護の重要性がささやかれている時代だからこそ、多くの企業ではネットセキュリティを設けて社内システムに侵入者が現れないように工夫しています。
セキュリティ専門のSEなどを雇用したりセキュリティサービスと契約したりして厳重に情報を守っている企業はつい「情報漏えいの心配はない」と安心しがちです。
しかし、これらのセキュリティは外部犯には有効でも内部犯には必ずしも効果を挙げるとは限りません。
パスワードさえ手に入れば閲覧権限のない社員でも簡単に情報を操作できるのが現状なのです。
また会社では重要な情報が無数のルートをたどってやりとりされています。
社内の共有ファイルから会議資料、顧客とのメールなどでなにげなく公開されているデータも外部に渡れば大打撃を与えられかねません。
そして「内部犯が絶対に出てこない」という確証はどんな会社でも持てないでしょう。
「転職先でデータを流用するため」「会社への恨みを晴らすため」など意図的に情報漏えいを行う社員が現れても不思議ではありません。

内部犯への警戒が無策なのは会社にとって非常に危険な状態なのです
内部犯への警戒が無策なのは会社にとって非常に危険な状態なのです。

情報漏えい調査では何をすればいい?

情報漏えいが起こったとき、多くの内部犯はパソコンを通してデータを持ち出そうと試みます。
漏洩する価値のあるデータは膨大な容量になる可能性が高く紙で出力するのは危険だからです。
またプリンターに出力の履歴が残るのも賢明ではないでしょう。
しかしデータ形式であればUSBメモリひとつあれば簡単に持ち出せます。
また個人のパソコンにデータを転送して履歴を消去するのも証拠隠滅になります。

ただし、これらの犯行はパソコンのデータ復旧作業によって突き止められます。
犯行を行ったパソコンから履歴を消し去ったつもりでも、すぐに調査を始めれば手がかりがつかめる場合もあるのです。
情報漏えい調査では何をすればいい?

ただし調査が行われないまま犯行に使ったパソコンを使用し続けると履歴が次々と上書きされていき履歴を追うのが困難になります。
また異動などの理由でパソコンが初期化されてしまうと証拠を探し出せる可能性は低くなってしまうでしょう。
つまり内部犯の疑いがある人物に対しては早急にパソコンを調査する必要があります。
そして調査の成功率を挙げるためにはプロフェッショナルに任せるのが得策といえます。

業者に情報漏えい調査を任せるメリット

デジタル機器を調査して、事実を確認する行為を「フォレンジック調査」と呼びます。
フォレンジック調査の専門業であるDDFは精度の高い仕事ぶりから多くの企業に支持されているのです。
DDFのようなプロフェッショナルに調査を託すと被害を最小限に抑えることができるでしょう。
フォレンジック調査は「情報漏えいの有無」が分かるだけではなく「どんな情報が漏洩したか」「被害の規模はどれくらいか」も判明するケースがあります。

業者に情報漏えい調査を任せるメリット

情報漏えいは事件が起こった企業だけではなく顧客やグループ会社にも悪影響を及ぼす犯行です。
被害状況を正確に把握するのは必須でしょう。
そして場合によっては漏洩し端末から失われたデータも取り戻せることも特徴といえます。
長年蓄積されたデータを一瞬で無にしないためにもフォレンジック調査に依頼してみるのはおすすめです。
DDFでは情報漏えいに詳しい法的機関とのコネクションもあり、犯人への対処にいたるまで多角的なアドバイスを致します。
刑事事件になる前に解決することも無理ではありません。
大切なデータを扱っている企業の皆様はぜひDDFへご相談ください。