ハラスメント証拠調査の方法 | データ復旧事業「2007年〜2017年、11年連続国内売上NO.1(上位10社の信用情報調査による)」
デジタル機器からハラスメントの事実・証拠を押さえたいなら、DDFにお任せください!

ハラスメント証拠調査の方法

  1. HOME
  2. ハラスメント証拠調査の方法

職場でのハラスメントは社会問題になっているだけでなく、企業の業績悪化や評価を下げることにつながります。
ハラスメントは放置してはいけません。できるだけ早く適切な対処を行いましょう。
迅速な解決に必要な証拠調査にはどのようなものがあるのでしょうか。

ハラスメント防止に無関心ではいられない現代社会!

職場でのさまざまなハラスメントの問題をうけて、厚生労働省が2017年に「職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書」を発表しました。
この調査によると、52.2%の企業がパワーハラスメントの予防と解決に取り組んでいることが分かります。
さらに、相談窓口を設置している企業は73.4%という高い割合が示されています。
パワーハラスメントに限らず、さまざまなハラスメントや苦情、不満や悩みを受ける相談窓口で受ける相談でもパワーハラスメントの割合は決して低くはありません。
このような現状をうけて、多くの企業がパワーハラスメントを始めとしたハラスメントの対策に乗り出していることがうかがえます。
つまり、職場においてハラスメントの問題に無関心ではいられない時代と言えるでしょう。

職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書

パワーハラスメントの予防と解決に取り組んでいる企業 相談窓口を設置している企業

ハラスメントは企業の大きな損失

ハラスメントの予防と解決に向けて専用の相談窓口を設けるなど、何らかの措置をとっている企業にはある特徴を見ることができます。
それはハラスメントが企業に及ぼす悪影響についてしっかり意識できていることです。
ハラスメントによる影響として「職場の雰囲気が悪くなる」「従業員の心の健康を害する」「従業員が能力を発揮できない」などを上位にあげています。
「人材の流出」や「生産性の低下」などもそれに続きます。
つまり対策を行っている企業は、ハラスメントが企業にとって大きな損失につながることが理解できているということです。
そして、いまだ対策をとっていない企業に関しては、これらの問題への意識が低い傾向があります。
ハラスメントを放置して無関心であることは、結果的には企業イメージの低下や業績の悪化につながることを考えなければなりません。
損失イメージ

ハラスメントの証拠として採用されやすいのは?

ハラスメントが行きすぎてしまえば、重要な人材が失われてしまうことにつながります。
場合によっては、訴訟に発展するケースも出てくるでしょう。
そうなると、裁判に必要な物的証拠なども揃えなければなりません。
ハラスメントの裁判で採用されやすい証拠のひとつにブログやメモなどの記録があります。
いつ誰からどのようなハラスメントを受けたかといった内容が詳細に記されているものは、裁判の証拠として有効と言えます。
しかし、メモよりも確かな証拠は音声やメールなどのデジタルデータです。
職場の場合は上司から部下へといった具合にメールなどを使って行われるハラスメントが増えています。
マタニティハラスメントやセクシャルハラスメントなども同様です。
こうしたデジタルデータは発信または保存した日時まで正確性があり、どのパソコンやスマートフォンから送信されたかといったことが分かります。
裁判や問題解決の際に欠かせない証拠です。
裁判所や弁護士が関与すれば容易に調査が可能です。
データ復旧作業中の写真

デジタルデータが鍵!迅速な対処が必要

職場でハラスメントが起こったときには、できるだけ迅速で適切な対処が望まれます。
そのためには、デジタルデータを証拠として重視しなければなりません。
しかし、実際にはハラスメントに使用されたデータは削除されてしまう確率が高いと言えます。
ハラスメントを行っている者はできるだけ証拠を残さないことが多いのも理由のひとつです。
しかし、ハラスメントを受けている側も精神的に耐えがたく早急に削除してしまう率が高いことも理由にあげられます。
このような場合でも問題解決をするためには、削除されたデータの復旧が効果を発揮してくれます。
時間が経過してからでは復旧作業に手間取ることも多く、復旧が困難になります。
証拠となるデータが削除されていたら、迅速にデータ復旧に当たるのが問題解決の鍵と言えるでしょう。
パソコンと砂時計の写真