ご利用体験談 | データ復旧事業「11年連続国内シェアNO.1」 残業代請求、残業証拠収集でお困りなら、DDFにお任せください!

証拠調査体験談

  1. HOME
  2. 体験談一覧
  3. 働き続けながら・・・

働き続けながら残業代が取り戻せました!

建設業界の施工管理者 緒方 直樹(仮名)様の体験談

建設業界の施工管理者として働いています

建設業界で働いて14年、施工管理者となってからは3年です。工程管理、安全管理、品質管理などを行い、現場で働く技術者への指導、監督を主な仕事内容としています。施工管理士の国家資格を取得し、施工管理士となりました。大きな施設を担当することも多く、働きがいがあると感じられる仕事です。入社以来残業の多い仕事ではありましたが、施工管理者となってからは発注者との打ち合わせをはじめとした仕事が増え、休日出勤や残業が当たり前のように続いています。

実際に計算すると残業が多すぎることを実感

建設業界は残業や休日出勤の多い仕事として知られていますが、問題は会社でそれらを当たり前のように扱っていることです。もちろん手当も一切支払われてはいません。そういった状況に疑問を感じ、どれくらいの時間外労働をしているのかを実際に計算してみました。まず1日の拘束時間が長く、毎日8時に出社して退社するのは22時ごろです。昼には1時間の休憩がありますが、1日平均で13時間働いています。そのうち残業は5時間です。それが5日続くため、1週間では25時間も残業しています。土曜日も当たり前のように出勤しますので、土曜日にも13時間の時間外労働、さらには祝日も出勤です。それぞれを4週間で計算し、合わせるとなんと約1カ月で152時間の時間外労働になることが分かりました。他の職業から考えてみても、これほどの労働条件で働いているのは少ないようです。これほど過酷な状況で仕事をしているにもかかわらず残業代が支払われていないのは不当であると感じ、残業代を請求することを決めました。

信頼できることが一番です

残業代の未払いの件について古くからの友人に相談すると、支払われていない残業代は請求できることを教えてもらいました。さらにインターネットで調べているとデジタルデータフォレンジックのページを見つけたのです。デジタルデータフォレンジックは、10年連続で国内シェアNo.1に選ばれていることから、信頼がおけそうな会社であると感じました。インターネットで調べている中では、納品までに1カ月程度かかる会社が多い中、デジタルデータフォレンジックでは平均して48時間以内に納品してくれることもわかりました。少しでも早く解決したかったため、この速さは魅力でした。いろいろ調べてみるとフォレンジック調査を行ってくれる会社では、PC1台100万円からというほどの高額を提示している会社が多く、その価格に驚くばかりでした。しかしデジタルデータフォレンジックでは10万円からと非常に良心的な値段を提示してくれています。信頼できる会社であることがやはり一番の決め手ですが、その速さや確実性、良心的な価格も秀でていたため、デジタルデータフォレンジックに依頼しました。

思い通りに解決できました。

デジタルデータフォレンジックに相談をすると、まずは弁護士の先生と話し合うことになりました。弁護士の先生と話す機会がこれまでなかったため少々緊張をしましたが、親身になって話を聞いてくださるので、自分の現在の働きかたや、これからも仕事を続けたい旨もきちんと伝えることができました。データを消してしまっていることも伝えましたが、一部でも証拠があれば推定計算をして残業代が請求できると言われ安心しました。信頼できる弁護士の先生であると感じたため、すべてお任せすることにしました。相談後、会社に内容証明を出すまでの経緯も逐次メールや電話で報告があったので非常に安心でした。先生が会社と上手に交渉してくださったおかげで、半年後に会社とも300万円ほどの金額での和解ができ、現在でも同じ会社で仕事が続けられています。和解の金額だけでなく、自分の会社での評判を落とすことなく、残業代の支払いもきちんとされるように解決してくださいました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。