事例集 | データ復旧事業「2007年〜2017年、11年連続国内売上NO.1(上位10社の信用情報調査による)」 横領・着服の証拠収集などでお困りなら、DDFにお任せください!

事例集

  1. HOME
  2. 事例集

Case1取引先から退職者の横領疑惑を指摘され、当社に駆け込み依頼

会社では特定の責任者や役職者に売上の管理を任せることが多く、いくら信頼していても着服の事件は後をたちません。
会社のお金が着服されていると気づいた場合にはどのように対処すればいいのでしょうか。
実際の事例をもとに解明していきましょう。

詳しく見る

Case2社内で横領事件が発生!担当者がとるべき手段とは?

企業内で発生する横領は、決して珍しいケースではありません。
事実、有名企業でもこういった横領事件は多発しています。
ここでご紹介するようなフォレンジック調査は、情報漏えいはもちろんのこと、横領の証拠をつかむ上でも役立つことがあります。

詳しく見る

Case3金銭のみならず、顧客情報が持ち出される事態に

金銭の横領だけでなく、大切な顧客情報を社外に持ち出されていた事例もございます。
デジタルデータフォレンジックは、法廷資料として活用可能なレポート等、依頼者の立場に寄り添ったデータ復旧・調査を行っています。