事例集 | データ復旧事業「10年連続国内シェアNO.1」 横領・着服の証拠収集などでお困りなら、DDFにお任せください!

事例集

  1. HOME
  2. 事例集

Case1現金預金の着服(現職)

会社では経理を担当の者に任せていることが多く、いくら信頼していても着服の事件は後をたちません。
会社のお金が着服されていると気づいた場合にはどのように対処すればいいのでしょうか。
実際の事例をもとに解明していきましょう。

詳しく見る

Case2現金預金の着服(退職済み)

企業内で発生する横領は、決して珍しいケースではありません。
事実、有名企業でもこういった横領事件は多発しています。
ここでご紹介するようなフォレンジック調査は、情報漏えいはもちろんのこと、横領の証拠をつかむ上でも役立つことがあります。

詳しく見る

Case3物品横領

会社のお金を着服したり物品を横領する行為は発生件数が多いのが現状です。
会社の損失を減らし、取引先の信頼関係を維持するためにデジタルデータフォレンジック(以下DDF)は依頼者の立場になりながらデータ復旧をサポートしています。