怪文書証拠調査とは | データ復旧事業「2007年〜2017年、11年連続国内売上NO.1(上位10社の信用情報調査による)」
デジタル機器から怪文書被害の事実・証拠を押さえたいなら、DDFにお任せください!

怪文書証拠調査とは

  1. HOME
  2. 怪文書証拠調査とは

会社における怪文書の被害は決して軽視できるものではありません。
それによって疑心暗鬼が広がり、職場の空気が悪化する可能性が極めて高いからです。
最悪の場合は有能な人材を失ったり、取引先や顧客の信頼の失墜にもつながったりしてしまいます。
そこで、怪文書の被害にあった際の対処法について解説をしていきます。

怪文書問題では確かな証拠をつかむのが先決

会社における怪文書の被害は決して軽視できるものではありません。
それによって疑心暗鬼が広がり、職場の空気が悪化する可能性が極めて高いからです。
最悪の場合は有能な人材を失ったり、取引先や顧客の信頼の失墜にもつながったりしてしまいます。
そこで、怪文書の被害にあった際の対処法について解説をしていきます。

確実に証拠をつかむには一刻も早く専門家に相談することが大切

内部犯が疑われる場合、まず行うべきは社用パソコンの調査です。
怪文書というのは筆跡が証拠となる手書きを避けてパソコンで作成されることが多いものです。
そのため、社用パソコンの内部には怪文書を作成した証拠が残されている可能性があります。
たとえば、作成文書及び削除データ、メール送受信履歴、プリントアウト履歴などといったものです。
もちろん、決定的な証拠となる文書そのものはほとんどの場合はすでに消去されているものですが、専門の業者などに相談すればそれを復元することは可能です。
ただ、いくら専門業者でも何度も上書きをされていたり、パソコンそのものを初期化されていたりすればどうしようもなくなってしまいます。
そのため、調査の依頼は一刻も早く行うことをおすすめします。

フォレンジックを社内リソースで行うのは危険

パソコンやスマホなどのデジタル機器に残されたデータを収集・解析し、そこから法的に有効な証拠を見つけ出す調査手法をフォレンジックと言います。
この技術は怪文書の犯人特定以外にもさまざまな不正や犯罪の調査などに用いられています。
ただ、それを行う際に重要なのは必ず専門家に相談するという点です。
間違っても、社内のパソコンに詳しい人間に調査を任せるといったことは避けてください。
怪文書の犯人の起訴までを視野に入れた場合、データの取り出しは正しい手順で行わないと証拠能力が失われてしまう可能性がありますし、生半可なスキルでそれを行おうとするとデータそのものが抽出不可能になったりする場合があるからです。
フォレンジックを成功させるにはハッシュ値で同一性を証明するなどといった極めて高度な技術や法的なノウハウが必要なのです。
その点を十分理解し、社内のリソースだけで解決してしまおうなどとは考えないようにしてください。