怪文書証拠調査の方法 | データ復旧事業「2007年〜2017年、11年連続国内売上NO.1(上位10社の信用情報調査による)」
デジタル機器から怪文書被害の事実・証拠を押さえたいなら、DDFにお任せください!

怪文書証拠調査の方法

  1. HOME
  2. 怪文書証拠調査の方法

企業のイメージダウンやトラブルの原因につながるものの1つに怪文書があります。
怪文書が流布されると対外的な面だけでなく、社内にも影響が出てしまうこともあるでしょう。
ここでは、怪文書を迅速に解決できる適切な調査方法について解説します。

怪文書とは?考えられる様々な目的

怪文書とは、企業の不満や誹謗中傷などが書かれた出どころが不明の文書のことです。
誹謗中傷などが内部だけに送られた場合は、社員や関係者が不愉快になる程度で終わることもあるでしょう。
しかし、業種によっては顧客情報に関係することや企業の機密情報などが外部に向けて流布されてしまうことも考えられます。
そうなっては大きな被害につながりかねません。
企業の損失も大きなものが想像されます。
怪文書を流す人にはさまざまな目的が考えられます。
企業のやり方に不満を持っている場合は、それに対して抗議の意味もあるでしょう。
また、何らかの恨みを持っている人がいれば、信用を落としたり、情報を流出させたりすることで企業が失墜することを企んでいるかもしれません。
怪文書が社内に送られる場合は代表や役員などに送られてくるケースが見られます。
怪文書を送る人物は勤務している社員であることが多いと言われています。
もちろん、簡単に疑ってしまうのは社員の疑心暗鬼につながります。 慎重な調査が必要です。

怪文書の調査は困難!解決方法は?

怪文書が流布された場合、企業で証拠を押さえることは難しいと言えます。
怪文書は筆跡が分からないようにする必要があるため、直筆のものはほぼ存在しません。
郵送された場合でも発送場所が企業に関連性のない遠方だったり、封筒などに指紋すら残されていない場合もあります。
また、メールで送信された場合はネットカフェなど不特定多数の人が使うような場所から送信することは珍しくないでしょう。
そうなると、通常での個人特定は困難です。
しかし、怪文書が内部犯であることが疑われる場合にはいくつかの可能性を探ることはできます。
怪文書の多くはパソコンで作成されているということに着目してみましょう。
そこから解決できることも考えられます。

怪文書調査にはフォレンジック調査が有効

怪文書はパソコンで作成されることが多いのですが、通常は証拠隠滅のため削除してしまうでしょう。
そうなると、例え犯人に迫ることができても証拠がないのでその先に踏み込めません。
そんなときに有効なのが「フォレンジック調査」です。
フォレンジック調査はパソコンとプリンターなどの複合機や周辺機器を調査するもので、削除されたデータの復元なども行います。
送受信の記録などもつかめれば、犯人の証拠を押さえることができます。
パソコンからのデータ削除は誰でも簡単にできます。
しかし、複合機などの内臓メモリーに印刷履歴などの証拠が残されていることは十分考えられます。
また、パソコンのHDDからデータを復元できる方法があるので、削除されていても証拠をつかむこともできるかもしれません。

できるだけ早い対応で影響を最小限に

データの復元や複合機の内蔵メモリーなどに残された証拠の調査は、社内で気づかれないよう秘密裏に実行しましょう。 週末や夜間など通常の業務が行われていない時間帯に行えばいいのです。 そして、該当すると思われる社員のパソコンをコピーし、証拠保全を行います。こうして証拠を取り出すことが可能です。 ただし、一旦削除されてしまったデータはいつでも復元できるとは限りません。 普通に使用していれば、時間の経過とともに新しいデータが次々と上書きされていきます。 そのため、時間が経てばそれだけ復元できる率は下がることが考えられるからです。 怪文書が流布され、内部の犯行が疑われる場合にはできるだけ早い対処をしましょう。 怪文書を解決するにはまず迅速で的確な判断が重要です。 そして、プロによる的確な調査が重要と言えます。