電話でのお問い合わせ

怪文書の証拠・事実調査ならフォレンジック調査のDDF | 事実認定、証拠収集などデータ復旧事業国内No1

怪文書証拠調査のDDF 怪文書証拠調査のDDF

業務で使用しているパソコンなどのデジタル機器から、怪文書の作成や発信の証拠が調査できます。

怪文書問題には、しかるべき対処が必要です。

怪文書とは、真偽も出所も不明な文書で、近年、社内で出回ることが増えています。
内容は、個人のプライバシーに関わる暴露や脅迫から、不正の告発、会社に対する誹謗中傷、悪質なデマまで、実にさまざまなものがあります。
最近ではネットカフェなどからのメールや不正アクセスで流布するケースも増えてはいますが、できるだけ証拠が残らず、かつ確実に相手に届くよう、封書を郵送して特定の社員や社長などに送りつけるケースがほとんどです。
用心深い発信者は、封書に指紋さえ残しませんので、発信者の特定が極めて困難な悩ましい問題となっています。
かといって、会社が対処を放置してしまうと、噂や憶測から社内に疑心暗鬼が広がり、職場環境が悪化して、貴重な人材を失ったり、営業的な損失や取引先・顧客の信頼の失墜につながることにもなりかねません。

目星はつくが「証拠」がない・・・フォレンジック調査が有効です。

社内に出回る怪文書には、「特定の人物しか知り得ない内容(秘密の暴露)」が含まれているケースが少なくありません。
その本人が発信者である場合もありますし、その秘密を伝え聞いた第三者が発信者である場合もありますので、不用意に断定することはできませんが、少なくとも発信者の手掛かりになることは間違いありません。
発信者が社内の人物あるいは退職者で、ある程度の目星がついていて、その「証拠」をつかみたい場合は、大ごとになる前に、まずは内密にフォレンジック調査を実施されることをお勧めいたします。
関係者が使用しているパソコンや周辺機器などを調査することで「証拠」が明らかになり、発信者が特定できて解決に至った事例が多々あります。

消されたデータや壊れた機器からも、データを復元して調査します。

フォレンジック調査では、訴訟を前提に法的手法に則って調査を進め、有力な「証拠」を抽出します。
怪文書は、手書きだと筆跡が残るため、パソコンで作成されることが多く、それらの関連ファイルやメール情報、アウトプット機へのアクセス情報など、さまざまなデータを調査します。
「証拠」となるデータが消去されているケースが大半ですが、消されたデータも復元して「証拠」を洗い出します。
ただし、消されたデータは、初期化や継続的な上書きによって復元できなくなりますので、フォレンジック調査を実施する場合はできるだけ迅速にご相談ください。
経験豊富なデータ復旧の専門家が、状況に合わせた最善の対処策をアドバイスいたします。

怪文書証拠調査の相談 TOP5


発信者の目星はついているので、
その証拠をつかみたい


怪しい人物や周辺社員に知られずに
内密に証拠を調査したい


部署は特定できるので、
部署全員のフォレンジック調査を実施したい


疑いをかけられている社員の
濡れ衣を晴らす証拠を見つけたい


法的措置を前提に、
法的に有効な書類の作成をしてほしい

怪文書証拠調査にはこんな事例があります

会社に対する誹謗中傷の社内調査

(施工会社D社のケース)

調査背景

D社の取引先数社に、D社の不正行為を暴露した怪文書が封書でバラまかれ、取引先からの連絡で判明しました。
内容は事実無根のまったく虚偽でしたが、社内の一部の人間しか知り得ない個人のプライベートな情報が含まれており、内密に社内の関係者の調査をしてほしいとのご依頼がありました。

調査結果

疑わしい社員が7名リストアップされていましたが、最も可能性が高い3名に絞り込んでいただき、深夜に3名のパソコンを痕跡が残らないよう保全(HDDの完全複製)しました。
データを調べたところ、1名のデータから文書ファイルを消去した痕跡が見つかり、復元して調査した結果、作成した怪文書を発見しました。
D社が弁護士と相談して、その証拠と被害届けを警察に提出し、信用毀損・名誉毀損で起訴することになりました。
弊社では改めて法廷書類を作成し、ご提出しました。

社員に対する誹謗中傷の社内調査

(小売業N社のケース)

調査背景

N社の社長宛てに匿名の怪文書が届きました。内容は、管理職Aの社内不倫およびパワハラを暴露し、即刻解雇すべきだ、というものでした。
発信者の心当たりを管理職Aに確認したところ、内容はまったくの作り話であり、見当がつかないとのことでした。ただし、文面から推測して、社内の誰かが発信者であることは間違いないので、なんとか特定できないか、というご相談がありました。

調査結果

社内のパソコンで誰かが文書を作成し、複合機からプリントアウトした可能性を確認するため、複合機内蔵HDDのログおよび履歴を調査しました。
それにより、対象のパソコンおよび発信者(パソコン使用者)を特定することができました。さらに、そのパソコンのデータを、本人に気づかれずに内密で調査し、怪文書作成の痕跡を発見しました。
それらの証拠を本人に提示したところ、全面的に不当な行為を認めたため、懲戒処分として解決に至りました。

見積もり0円!電話相談0円!
怪文書証拠を取り出します!!

ー 重要 ー

怪文書調査でまずやるべきこと

内部犯が疑われる場合、該当者のパソコンの証拠保全(クローン)を行ってください。
怪文書調査の場合、該当者のパソコンから、削除された文書データやメールデータの復元を行い、文書の作成履歴やメール送受信履歴、WEBアクセス履歴、検索履歴などを抽出し解析し、怪文書に関わる手がかりや証拠の調査を行います。
犯人は、文書やメールなどを証拠隠滅の為に削除するケースが多いのですが、削除されたデータは、機器を通常使用し続けると、データ上書きによって復元できなくなります。
証拠保全(クローン)は、オフィスを訪問し、その場で行うことも可能ですし、弊社にお持込頂いての作業も可能です。
疑惑段階の為、該当者がシロだった場合のことも踏まえ、秘密裏に調査を行いたい場合は、夜間や土日祝日での調査も可能です。
証拠保全は最短2時間程度で完了し、その後PCはお使い頂く事もできます。
※弊社は365日、24時間対応可能です。

「怪文書」の証拠をつかむため、パソコン&スマホ、削除されたデータや壊れた電子機器も調査いたします。
削除されたデータや壊れた機器からも調査いたします。

当社の技術力を使えば、パソコン、サーバー、ハードディスク、USB、SDカードなど、
あらゆるハードウェアのデータ調査・復元を行い、ハラスメントの証拠を取り出せる可能性があります。

パソコン

サーバ

ハードディスク

USBメモリ

SDカード

スマートフォン

携帯電話


怪文書の証拠はデータだけではなく、あらゆる履歴に残っています。
追跡不可能と思われる情報でも、当社なら解決できます

メール

Web閲覧履歴

各種APP

USB接続履歴

コピー履歴

改ざん履歴

発着信履歴

写真・動画

GPS履歴

DDFの強み

10年連続日本No.1の実績

警察や法律事務所、上場企業から個人のお客様まで
高い信頼を得ており、「データ復旧国内シェアNo1」の
実績を10年連続で継続しております。

鉄壁のセキュリティー体制

データ復旧実績は延べ13万件以上ありますが、
情報漏えいは1件も発生していません。
官公庁や警察などの極めて秘匿性の
高いデータを取り扱うため、世界基準の
セキュリティガイドラインを構築しています。

世界最高峰の技術力

データ復旧率は世界トップクラスの96.2%。
世界中の最先端技術を随時導入し、
研究開発チームが独自に技術を開発しています。
他社で復旧できなかった案件も、
そのほとんどの復旧に成功しています。

圧倒的なスピード

高い技術と豊富な経験を持つトップエンジニアが、
通常2日~1週間かかる診断を最短15分、
復旧を最短30分で対処。全ての復旧を、
自社内完結、ワンフロアで行い、
迅速性を徹底追及しています。

国内最大級の最先端設備

多種多様な復旧依頼にお応えするため、
1日200台以上の復旧に対応できる設備を完備。
業界でも数少ない「クラス100のクリーンルーム」をはじめ、
世界中から最新鋭の機器を導入しています。