事例集 | データ復旧事業「10年連続国内シェアNO.1」 情報漏えいの証拠収集などでお困りなら、DDFにお任せください!

事例集

  1. HOME
  2. 事例集

Case1退職者が転職先に漏えい

情報漏えいの証拠が残りやすいのが、パソコンやスマホなどの機器です。
こういった証拠を掴むのが、フォレンジック調査と呼ばれる専門的なアプローチです。
ここでは、実際の情報漏えいの事例を取り上げて当社のサービスについてご紹介していきましょう。

詳しく見る

Case2退職者が情報持ち出して独立

もし、企業の内部の人間が企業秘密であるデータを持ち出し、そのデータとともに数名と独立する、いわゆる「情報漏えい」が行われた場合、企業側はどのように対処すればいいのでしょうか。
弊社が行っている情報漏えい調査サービス「デジタルデータフォレンジック」について紹介します。

詳しく見る

Case3業務委託社員が持ち出し

企業のガバナンス体制は、顧客との信頼関係構築の第一歩です。
情報漏えい事件の事例をもとに、どのような経緯で問題が起きてしまったのか、情報漏えいの疑いがあるときにどのような解決方法があるのか、詳しく紹介します。

Case4現職社員が情報漏えい

昨今の情報社会において、情報は非常に重要な価値を持っています。
よって、最近では社内の情報を不正に利用して利益を得るような事件が少なくありません。
ここでは、そのような事例と被害を最小に抑えるための方法について紹介しますので是非参考にしてください。

Case5元従業員が引抜き。情報持出し指示。

退職した従業員がかつての部下に指示を出して、退職先の企業情報を不正に持ち出す行為は現実に起こり得る事ですよね。
サーバーやハードディスク上に保存している企業情報はデバイスを用いて大量に持ち出す事が可能です。
今日は実際の事例とその対策を紹介します。

Case6失敗談

企業において横領や情報漏えいというのは大きな損失に繋がるばかりかイメージの低下による将来的な利益をも脅かします。
しかしいち企業だけではなかなか万全の対策というのは難しいものです。
当社をご利用頂く事で漏えいのリスクを大幅に低減させる事が可能となります。