事例集 | データ復旧事業「2007年〜2017年、11年連続国内売上NO.1(上位10社の信用情報調査による)」 情報漏えいの証拠収集などでお困りなら、DDFにお任せください!

事例集

  1. HOME
  2. 事例集

Case1

1.調査背景・依頼内容

社員A(課長職)と社員B(経理事務)が結託し、従業員の個人情報や会社の機密情報などを外部に漏らしている疑い。
社員Bを経理事務の職から外したが、パソコンを開けると古いデータしか残っておらず、USBで持ち出してるのではないかと疑っている。
また社員Aはパソコンのパスワードを黙秘しており、解除会社へ依頼してパスワードを解析し中を確認したところほとんどデータがなかった。
仕事関係のデータ、メールデータも消されているように思える。また、給与詳細、経理のデータ、入出金状況、社長の私用の情報などを組合に漏らしている可能性もある。不正の証拠を探し出したいと当社にご依頼。

2.ご提案・作業内容

対象社員のパソコンに対し、「証拠保全」と「削除データ復旧」をしたのち、パソコンのログ解析・USB機器の接続履歴調査を行う。

3.調査結果

調査の結果、Webストレージサービスの利用履歴は確認出来なかった。
しかし「TeamViewer」など、リモート操作を行うプログラムの存在と実行の痕跡を確認できたため、結果を調査レポートにてご報告。

Case2

1.調査背景・依頼内容

退職した社員から情報漏洩の疑いがある。退職者は競合他社へ転職済。
その際、顧客情報やマニュアルを含めた機密データを持ち出している可能性があるため、当社に調査をご依頼。

2.ご提案・作業内容

退職者が使用していたパソコンの「証拠保全」と「削除データ復旧」を行う。
その後、情報を持ち出す際に使用する可能性のある外部接続機器、クラウドサービスの利用履歴を調査。

3.調査結果

USB接続履歴、削除Officeデータ、検索キーワードを調査した結果、転職先にデータが持ち込める状態になっている事が確認された。
更に、退職者のインターネット閲覧履歴・検索キーワードの解析から、業務に関係のない検索履歴を確認。業務時間中の職務怠慢の可能性も併せて報告。