実態と事例

こんな被害を受ける恐れが!

    ハッキングや不正アクセスなどを受けると、

  • 個人情報を盗まれて、売買される
  • パソコンのデータが破壊される
  • クレジットカードの情報を盗まれて買い物に使われる
  • アカウントを乗っ取られ、他者への詐欺行為に使用される
  • ほかのサイバー攻撃の攻撃元として踏み台にされる