事例集 | データ復旧事業「2007年〜2017年、11年連続国内売上NO.1(上位10社の信用情報調査による)」 横領・着服の証拠収集などでお困りなら、DDFにお任せください!

DDFの魅力

  1. HOME
  2. 事例集
  3. DDFの魅力

Case3. 金銭のみならず、顧客情報が持ち出される事態に

金銭の横領だけでなく、大切な顧客情報を社外に持ち出されていた事例もございます。
デジタルデータフォレンジックは、法廷資料として活用可能なレポート等、依頼者の立場に寄り添ったデータ復旧・調査を行っています。

相談事例内容


1.調査背景・依頼内容

ライバル企業へ転職した元社員のパソコン調査をご依頼いただきました。
調査対象者は、在職中は拠点の事務局責任者を務め、会社の情報を全て把握できる立場にいました。
ご相談いただいた時点で元社員が横領していることはすでに発覚しており、裏帳簿を作成している疑いがあるとのことでした。
こちらの企業では、社内で報告する数字データはサーバーで管理し、基本的にローカルに保管はしておらず、USBの接続も禁止されていました。


2.ご提案・作業内容

対象社員のパソコンに対し、「証拠保全」と「削除データ復旧」を実施しました。
また、外部への情報持ち出し(USBの接続履歴、クラウド等の使用履歴)の調査解析を実施いたしました。


3.調査結果

調査の結果、複数のUSBメモリが接続されており、ファイルが転送されていたことが判明しました。
また、外部デバイスに保存しているファイルのなかに、顧客リストのExcelファイルがあり、情報を転職先へ持ち込んでいる可能性がある旨を調査レポートにまとめてご報告いたしました。

デジタルデータフォレンジックの魅力

まず初めに不正や横領を1から調べ上げるにはかなりの労力が必要とされます。
フォレンジック調査では、パソコンや携帯電話に残る履歴を収集・分析しながら証拠を一つずつ集めていきます。
高度な技術を必要とする作業でデジタル鑑識に関してのエキスパートたちが敏速で柔軟な作業をするおかげで正確な証拠を提示できるのです。
不正や横領に関しての情報を削除してしまったとしても諦めずにDDFへご相談ください。
専門エンジニアが最新・最先端の設備を駆使しながら作業を進めていきますのでご安心下さい。

諦める前に当社にご相談ください

デジタルデータフォレンジックが得意としている調査方法である「フォレンジック(forensics)」は、 犯罪捜査や法的係争などでも使われている捜査手法です。
デジタル機器に残された記録を収集・解析することで、事実を明らかにしていきます。
さらにフォレンジックで行った捜査内容をもとに法的な証拠性を明らかにします。
そのため法的な立証が可能です。

フォレンジック調査を行うことで、被害の状況や、影響が及んでいる範囲もしっかりと把握できますので、的確な対処へと近づけます。
再発を防止し、被害を最小限に抑えるためにも、早急な対応は必要です。
たとえデータが削除されていても、当社の技術で対応できる可能性があります。
諦める前に、まずは当社へご相談ください。