サイバー攻撃

【ウイルス感染】携帯のウイルスを消す方法とは

【ウイルス感染】スマートフォンのウイルスを消す方法とは

お使いのスマートフォンがウイルスに感染した場合、適切な対処ができていないと個人情報が流出したり、または金銭的な被害を被ったりする恐れがあります。

この記事では、スマートフォンのウイルスを消す方法を紹介します。また、ウイルス感染の症状や被害も併せて紹介しているので、当てはまるものがあったら、ウイルス感染の早期発見につなげましょう。

携帯(スマートフォン)のウイルス感染が疑われる症状

以下の症状がみられる場合、お使いのスマートフォンがウイルスに感染している可能性があります。

高額請求のSMS等が届く

突如として端末がロックされ、解除のための身代金が要求されているという場合、それは「ランサムウェア」と呼ばれる悪質なウイルスに感染していることが考えられます。

Androidスマホ限定で身代金を要求するランサムウェア

 

また、ウイルスに感染していない状態でも高額請求のSMSが届くことがあります。もし「料金が大変高額に」など、不安を煽る内容の詐欺メッセージが届いた際は、注意しましょう。攻撃者は実在する通信会社を装って悪質な詐欺メッセージを送ってくるからです。またメッセージ内の表示URLをクリックし、個人情報を入力してしまったり、アプリをダウンロードしてしまうと、ウイルス感染につながる危険性があります。

SMSを利用した特殊詐欺の手口や対策・調査方法については下記の記事で詳しく解説しています。

業者をかたる偽SMSの手口と被害調査の方法を解説
業者をかたる偽SMSの手口と被害調査の方法を解説身に覚えのない偽SMSにアクセスしたことで、個人情報の窃取が疑われる際の調査方法を解説します。デジタルデータフォレンジックではハッキングの経路や被害を迅速に調査し、問題解決に貢献します。365日年中無休・相談見積無料。...

見覚えのないアプリのインストールされている

インストールしたこと覚えがないアプリが勝手にインストールされているというのも、ウイルス感染が疑われる症状の一つです。見覚えのないアプリが見つかった場合は速やかにアンインストールしましょう。また、自身でインストールしたアプリはしっかりと管理・整理しておきましょう。

データ通信量の異常な増加

ウイルスに感染し、バックグラウンドで通信が行われると、データ通信量が増大することがあります。これは金銭的損害が発生しかねない不具合ですので、不審な挙動を感じ取った際は、速やかに通信量などをチェックするようにしましょう。

端末が熱を帯びている

ウイルスアプリが活発に動くと、CPUに負荷がかかりやすく、スマホが熱くなったり、充電の減りが早くなります。

もっとも原因としては、ウイルス以外に、電池の経年劣化なども考えられますが「見覚えのないアプリがダウンロードされている」「データ通信量が異常に増加している」など、上記のような症状が見受けられるときは、ウイルス感染を疑っておきましょう。

携帯(スマートフォン)のウイルス感染による被害

以下では、ウイルス感染による被害を紹介します。

ウイルス感染時に起こる被害は、目に見えず気づきにくいものが多いので注意が必要です。

個人情報の漏洩

ウイルスが標的としている代表的な情報は、ユーザーのプライバシーにかかわる情報です。ウイルスに感染すると、下記のような情報が盗まれ、被害が発生する可能性があります。

  • 電話番号・位置情報の特定
  • クレジットカード情報が盗まれる
  • 通話やデータ通信が傍受される

データの損失

データ破壊を目的としたウイルスに感染した場合、勝手に保存されているデータが削除されてしまいます。

金銭の搾取・要求

有料サービスの利用や通信会社から通信データ大量利用による高額請求の請求書が送られてくるケースです。このような被害に遭った際は、通信会社に問い合わせて、通信料の確認をしてみましょう。

端末の動作不良

ウイルスによって、スマートフォンの動作に不具合が生じることがあります。複数のアプリが頻繁にクラッシュするなどの例があります。

携帯(スマートフォン)のウイルスを消す方法

ウイルス感染したスマートフォンのウイルスを消す手順は次の通りです。

  1. まずは、スマートフォンが接続しているネットワークを切断しましょう。スマートフォンがウイルス感染していると、インターネットを経由して不正な通信を行ってしまいます。Wi-Fiに接続している場合は、Wi-Fiを切断しましょう。
  2. 並行して、ネットバンキングやSNSアカウントなどのパスワードを変更しましょう。クレジットカードの不正利用やSNSアカウントなどの乗っ取りを防ぎます。
  3. 次にスマートフォンのウイルスを駆除します。ウイルス駆除方法は、iPhoneとAndroidとで手順が異なるので、別々に紹介します。

iPhoneの場合

ウイルス駆除する際、iPhoneでは、セキュリティーツールを使用することができないため、以下の手順に沿って行うようにしましょう。

  1. 怪しいアプリ、身に覚えのないアプリなどが端末内にないかチェックし、ある場合はアンインストールしましょう。
  2. 次にデータと履歴を削除します。「設定」の「safari」にすすみ、「履歴とデータを削除」をタップしてください。
  3. 電源をOFFにして再起動します。iPhoneの電源を一度オフにして再起動してください。

Androidの場合

Androidをお使いの方は、怪しいアプリ、身に覚えのないアプリを削除するといことの他に、セキュリティーツールを使用するというウイルス駆除方法があります。

怪しいアプリをアンインストールする方法

  1. 端末を「セーフモード」に変更し、すべてのアプリの実行を停止します。もしこの状態でアプリの動作に異常が見られる場合、問題は不正なアプリが原因だと考えられます。
  2. 不正なアプリを検索します。設定で「アプリの管理」を選択し、ダウンロードしたアプリを表示し、ダウンロードの覚えがないものがある場合、不正アプリの可能性があります。
  3. 不正アプリをアンインストールします。
  4. ボタンがグレーで表示されており、アンインストールできない場合、「セキュリティ」内「端末管理」で、端末の管理アクセスを無効にすることで、アンインストールできます。

セキュリティーツールを用いてウイルスを駆除する方法

  1. セキュリティーツールをインストールし「スキャン」をタップします。
  2. ウイルスが検出された場合、「駆除」を選択します。

スマートフォン端末の初期化を行う

ウイルスによっては、上記の方法でもウイルス駆除することができない場合があります。そのような場合、最終手段として、スマートフォン端末を初期化するという手段があります。

携帯(スマートフォン)のウイルスを消す際の注意点

スマートフォンのウイルスを消す際の注意点を2つ紹介します。

初期化を行う際の注意

最終手段として、スマートフォン端末の初期化を紹介しました。しかし、バックアップを取っていない方は、データがすべて失われてしまいます。

こういった事態に備え日ごろから定期的にバックアップを取ることをおすすめします。定期的にデータのバックアップをとっている方であれば、失われるデータは最小限に抑えることができます。

セキュリティーツールを使用する際の注意

セキュリティーツールでウイルスを駆除する方法はシンプルですが、ウイルスを駆除すると、ウイルスがどこから感染し、またどのような情報を発信していたのかという記録も削除されてしまい、原因究明や感染調査が正確に行えなくなる可能性があります。

専門業者に依頼する

これまで紹介してきた方法では、個人での駆除が困難なケースも存在します。もし感染した端末でインターネットを使用し続けると、ほかの端末に広がってしまうこともあるため、自分で対処することが不安であったり、確実にウイルスを駆除したい場合は、専門業者に相談することをおすすめします。

専門業者への調査を依頼する

ビジネス用途で使用している社用スマートフォンでウイルスが感染してしまった場合、機密情報の漏えいにつながる可能性もあります。このような場合、コンプライアンスの観点から、情報流出の有無を調査して被害実態を明らかにしたり、行政や法的機関に提出できる報告書を作成する必要があります。

しかし、スマホのウイルス感染は日々巧妙化しており、個人で調査・確認できる範囲も限られており、企業内のシステム担当者がむやみに操作すると攻撃の痕跡が上書きされてしまうこともあります。

一方でウイルス感染調査の専門業者では、「フォレンジック」という技術を活用して正確かつ適切にスマホを調査することが可能です。

「フォレンジック」とは、特殊技術を用いてパソコンやスマートフォンの調査・解析を行う技術です。たとえば、端末内に残されたログから、ハッキングなどの不正行為や、流出情報を調査することが可能となっています。フォレンジック調査については下記の記事でも詳しく紹介しています。

なお、ハッキングのフォレンジック調査を行うメリットは、主に次の2つがあります。

①専門エンジニアの詳細な調査結果が得られる

フォレンジック調査の専門会社では、高度な技術を持つ専門エンジニアが、正しい手続きでスマホのウイルス感染被害を確認できるため、社内や個人で調べるよりも正確にウイルス感染の被害実態を確認することができます。

また、自社調査だけでは不適切とみなされてしまうケースがありますが、フォレンジックの専門業者と提携することで、調査結果を具体的にまとめた報告書が作成でき、これは公的機関や法廷に提出する資料として活用が可能です。

②セキュリティの脆弱性を発見し対策できる

フォレンジック調査では、ウイルス感染経路や被害の程度を明らかにし、現在のセキュリティの脆弱性を発見することで、今後のリスクマネジメントに活かすことができます。

また弊社では、解析調査に加え、解析調査結果を元に、お客様のセキュリティ強化に最適なサポートもご案内しています。

フォレンジック調査会社への相談方法

ウイルス感染の疑いがある場合、早めの相談で、被害が拡大する前に対処を図ることが可能です。まずは気軽にご相談ください。無料で相談・診断を承っております。

フォレンジック調査会社へ相談・依頼する際は以下のような流れで行います。なお、当社では作業内容のご提案とお見積りのご提示まで無料でご案内しております。

フォレンジック調査の流れ

社内でインシデントが発生した際、フォレンジック調査を行うかまだ決定していない段階であっても、インシデントを整理するため一度専門会社へ相談するのをおすすめします。

フォレンジック調査会社へ相談・依頼する際は以下のような流れで行います。なお、当社では作業内容のご提案とお見積りのご提示まで無料でご案内しております。

\24時間365日 相談受付/

デジタルデータフォレンジックでは、国内売上シェアトップクラスのデータ復元技術を活用し、パソコンやスマートフォンに残されたログの調査やウイルスの感染経路調査を行っています。また、ご相談件数は警察機関や法律事務所、官公庁、上場企業から個人のお客様まで1万4,000件以上を数えます。

お困りの際はデジタルデータフォレンジックまでご相談ください。なお、証拠利用の場合、法廷資料としても活用できる報告書の作成も承っております。

共通CTA