従業員素行調査の方法 | DDFはデータ復旧事業「2007年〜2017年、11年連続国内売上NO.1(上位10社の信用情報調査による)」
デジタル機器から従業員の素行・行動を暴きます!

従業員素行調査の方法

  1. HOME
  2. 従業員素行調査の方法

従業員の怠惰な勤務態度を放置していると他の従業員にも波及し、会社全体の営業成績悪化につながりかねません。
それを防ぐには正確な勤務実態を把握し、問題のある従業員に対して指導を行う必要があります。
そこで、従業員の素行調査の方法について解説をしていきます。

従業員の勤務実態を調べる方法

従業員の勤務態度に不審な点があると感じた場合に実態を明らかにする目的で行うのが素行調査です。
具体的な方法としては、探偵事務所などに依頼するという手があります。
外回りをしている従業員を尾行し、さぼっていないかどうかを調べてもらうわけです。
探偵にとって尾行調査は得意とするところなので、確実な成果が期待できるでしょう。
しかし、探偵に調査を依頼するとコストがかかりすぎるという問題があります。
それに、調査対象が複数に及んだ場合は時間もかなりかかってしまいます。
そこで、現代ではまずスマホやパソコンなどを解析して勤務実態の概要を把握し、その上で必要があれば探偵事務所に本格的な調査を依頼するという手法が増えてきています。

従業員の素行調査に大きな力を発揮するフォレンジック調査

パソコンやスマホなどのデジタルデータを解析し、事実関係を明らかにする手法をフォレンジックと言います。
もともとは犯罪行為の証拠をつかむために開発された手法ですが、従業員の素行調査などにも応用可能です。
具体的には、普段から勤務態度が悪くて職務怠慢の傾向がある従業員がいれば、会社で貸与しているパソコンやスマホの利用履歴を調査してみるのです。
たとえば、社用スマホの位置情報を解析した結果、漫画喫茶に居座って数時間動いていない事実が判明したとすれば仕事をさぼっている明白な証拠となります。
また、残業の際に使っていたパソコンに対して業務関連ファイルとインターネットの利用履歴を調べれば、業務を行わずにネットサーフィンを行っていた事実を明らかにすることも可能です。
さらに、メッセージアプリを調べれば勤務時間に外部の者とメールやチャットでやりとりをしていたどうかもわかります。
こうしてまとめた調査結果を本人に見せれば言い逃れもできなくなり、業務態度に対する懲罰や指導も行いやすくなるというわけです。

素早い対応が重要!フォレンジック調査を行う際の注意点

フォレンジック調査を行うには、それを迅速に行えるかが重要なポイントになってきます。
従業員に貸与しているパソコンやスマホを調査する事実を悟られるとデータを消去されてしまう場合があるからです。
フォレンジックの技術を用いることで消去されたデータの復旧は可能ですが、何度も上書きをされるとそれも困難になってしまます。
そこで、目的のパソコンやスマホをいち早く押さえておくことが大切になってくるのです。
ただし、早く調査をしたいからといって、パソコンが得意な社員に解析をまかせるといったやり方はおすすめできません。
フォレンジック調査には高度なスキルが必要であり、正しい手順で行わないとオリジナルデータが改変されて証拠能力が失われたり、下手をするとデータそのものが喪失してしまったりする恐れがあるからです。
フォレンジック調査が必要だと感じた場合は、なるべく早く専門の業者に相談するようにしましょう。

従業員の勤務実態把握にDDFがおすすめ

フォレンジック調査を依頼したくても、初めての場合はどこに相談したらよいか迷うものです。
それに、フォレンジック調査を行うには特殊な技術が必要なので一般のデータ復旧会社では対応できない可能性があります。
そこでおすすめしたいのが、DDF(デジタルデータフォレンジック)です。
DDFは警察や上場企業から個人まで幅広い客層が利用しており、データ復旧国内シェアNO.1の実績を10年連続で継続しています。
しかも、データ復旧率は96.2%と世界トップクラスの技術力を誇っているのです。また、DDFの調査は法的な対応力にも優れています。
仮に、職務怠慢で解雇された従業員がデータ改さんを行った上で不当解雇だと訴えてきたとしても、調査の段階で証拠を保全し、法的証拠能力を担保にしているので安心です。
従業員の勤務実態を把握したいと考えている人は利用を検討してみてはいかがでしょうか。