事例集 | DDFはデータ復旧事業「11年連続国内シェアNO.1」
デジタル機器から従業員の素行・行動を暴きます!

事例集

  1. HOME
  2. 事例集

Case1素行調査の新しい形態「フォレンジック調査」

企業において従業員の素行調査を行うことは、不正行為や不適切な勤務実態をあぶりだし、結果として健全な職場環境を構築することが可能です。 素行調査の一つであるフォレンジックを使った活用事例を紹介していきます。

詳しく見る

Case2PCの私的閲覧?勤務態度の疑わしい従業員の素行を調べる方法

給料が発生している勤務中の私的なPCサイトの閲覧は、会社にとって好ましくない事態です。 確固たる証拠さえつかめれば、法的な措置も検討できますが、PCのデータは消去しやすいことから証拠をつかむのが難しいのが悩みでしょう。 そこで今回は実際に調査を行った例を紹介し、フォレンジック調査の確実性について説明します。

詳しく見る

Case3フォレンジックなら、デジタルデータフォレンジックサービスへ

フォレンジックを行えば、コンピューターやスマホに残された様々なデータを復旧、解析することができます。 フォレンジックを行っている会社はかなりありますが、経験、実績、技術力などに特に優れたデジタルデータフォレンジックサービスをご利用ください。

Case4フォレンジック調査は従業員素行調査に最適です

社内スタッフの素行をチェックする際には、本人に知られないような方法で行うのが賢明です。 当社のフォレンジック調査は、内密で調査を行いたいときには特に便利。 今回寄せられたお悩みの内容と、解決に導いた当社の調査についてご紹介します。

Case5中途退職者のパソコンチェックはデジタルデータフォレンジックへ

とある企業で部長を務めている方が当社にお越しになりました。 ご相談内容は、先頃退職された社員が返却してきた業務用のパソコンのデータを復旧して欲しいとのことでした。 この社員は返却する前にパソコンを初期化したようで、相談者は何らかの不正の証拠を隠滅したのではないかと疑っていました。

Case6従業員素行調査のご依頼はデジタルデータフォレンジックへ

「従業員の残業代が増えてきているため、本当に仕事のために残業しているのかを調査してほしい」という依頼を受け、我々デジタルデータフォレンジックは依頼のあった会社の全社員のパソコンを対象に、業務外の利用記録がないかの調査を行いました。

Case7従業員の管理にも役立つ!便利なフォレンジック調査

フォレンジック調査は、従業員素行調査にもお役立て頂ける調査です。 社内のスタッフに不審な行動が見られるときには、パソコンやスマホなどのOA機器を調べるのが1つのアプローチになります。 ここでは、実際にフォレンジック調査を活用して問題を解決した事例を取り上げてみましょう。